ワルシャワのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!


ツアーコンダクターのFukaです。

お仕事の関係で何度もポーランドを訪れていますが、ポーランドの首都であるワルシャワは、近年まれに見る発展を遂げています。

どんどん町がきれいになっていく中、古い旧市街も残っていて趣もある、そんなワルシャワの街に行ってみませんか。

ワルシャワのおすすめ宿泊エリアは、実はいろいろあるので、それをお伝えいたします。

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

おすすめエリア1:旧市街市場広場周辺のホテル

ワルシャワのおすすめ宿泊エリアは、やっぱりなんといっても「旧市街市場広場周辺」です。

この旧市街市場広場の周辺のレストランやショップは英語が通じたり英語メニューが置いてあるところも多いので、観光客にとっても便利なエリアです。

ちょっと食事に入った時「メニューが全く分からない!」なんてことがなく、安心して何を食べようかあれこれ見ることができます。

また、旧市街はそのエリア全体がクラシカルな雰囲気でおすすめですが、旧市街北にには昔の要塞でもあったバルバカンやワルシャワ歴史博物館、そしてこのポーランド出身のキュリー夫人博物館があります。旧市街南には旧王宮や聖ヤン大聖堂、聖アンナ教会もあります。

そして旧市街の南から、かつては「王の道」と呼ばれたクラクフ郊外通り、続いて新世界通りが伸びています。

この通りにはショパンが初めてピアノの演奏会を開いたラジヴィフ宮殿や18世紀のバロックスタイルのヴィジトキ教会、そしてワルシャワ大学とショパンの心臓が埋葬されている聖十字架協会などがあって見どころ満載です。旧市街のあたりに宿泊すれば,この辺りまで簡単に歩いて行くことができるのです。

大型ホテルばかりでなく、アパートメントタイプのカジュアルなホテルもあるので、ぜひあなたの予算に合わせてぴったりなホテルを選んでみて下さいね。ワルシャワのどこに行くにもおすすめなエリアです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア2:文化科学宮殿周辺のホテル

ワルシャワのおすすめ宿泊エリアの一つに、文化科学宮殿周辺があります。

旧社会主義国であったポーランドは、旧ソ連との関わりも深く、この建物はスターリンからの贈り物として、1950年代に建てられました。

ワルシャワのシンボル的な建物の一つとなっていますが、ただの権威主義的な建物というだけでなく、20世紀におけるソ連とポーランドの関係において、思いを馳せることができるでしょう。夜はライトアップするので、なかなか見ごたえがある建物です。

ワルシャワ中央駅のすぐ東にあり、ワルシャワの街を南北に走っているマルシャウコフスカ通りと東西に伸びるイェロゾリムスキェ通りが交差するところにあるのが文化科学宮殿です。

ワルシャワの交通の要所にあるエリアで、この二つの通りはトラムやバスも数多く走っているので、ワルシャワ市内を移動するのにも便利といえるでしょう。

また、ワルシャワ中央駅からクラクフといったポーランドの各地方へ移動することもできます。この周辺に宿泊すれば、他の街に移動する時にも便利なのです。

そして、ワルシャワの街もここ数年で随分と変わりました。この文化科学宮殿の目の前には、新しくリニューアルしたデパートやショッピングセンター、そしてスーパーマーケットがいくつもあります。お土産以外のお買い物にはベストなエリアといえるでしょう。

旧市街などの観光地へもトラムで移動して10分ほどですし、観光名所が集まっている「王の道」と呼ばれた新世界通りには歩いて行けます。新世界通り沿いにはオシャレなカフェも数多く集まっていますので、ちょっとお茶を飲みに出かけてみてもいいですね。

ワルシャワのシンボルともおいえる文化科学宮殿の周辺は、この町のおすすめ宿泊エリアなのです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア3:ワジェンキ公園周辺のホテル

ワルシャワのもう一つのおすすめ宿泊エリアは、市内の南に位置するワジェンキ公園の周辺です。

この辺りにもいくつかのホテルがありますが、ワルシャワの中心程は観光客もいないので、のんびりとワルシャワの普通の街の風景を楽しむ事が出来るエリアなのです。

ワルシャワの中心からトラムやバスが出ています。ワルシャワのシンボル文化科学宮殿までも約2km少々の距離ですから、移動にはそれほどかかりません。

また、このエリアにはヨーロッパでも最も美しい公園の一つと言われている「ワジェンキ公園」があります。

この公園は、18世紀のポーランド最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの命によって約30年かけて造営されました。公園にはワジェンキ宮殿があり、王の夏の離宮として使用されたそうです。

また、この公園にはショパンの像があり、ワルシャワの観光スポットの一つになっています。ショパンの曲が流れるベンチもあり、ボタンを押すとショパンのピアノの調べを楽しむことができるのです。

ワルシャワの人々にとっても憩いの場でもあるワジェンキ公園の周辺エリアに宿泊すれば、まるでワルシャワっ子のように朝夕この公園にお散歩に来ることができます。朝の気持ちよい空気の中、ショパンのベンチに座ってピアノの音色を楽しんで見れば、きっとそれは忘れられない思い出となるかもしれませんね。

ワルシャワの中心よりも少し静かなエリア、それがワジェンキ公園周辺です。もしワルシャワを訪れる事がありましたら、この辺りに泊まってみるのもぜひおすすめな、そんなエリアなのです。

このエリアのホテルを検索する

新旧まじりあう不思議な魅力が溢れる街・ワルシャワ

今どんどん変わりつつあるワルシャワの街は、新旧がまじりあう不思議な魅力があります。新しくてクラシカルな魅力もある、そんなワルシャワに出かけてみませんか。

観光だけでなく、ポーランド名物のピエロギ(ポーランド餃子)やゴロンカという豚料理を楽しんだり、ヴォッカやカクテルを飲んでみたり・・・ワルシャワの楽しさを思いっきり味わって下さい。勢いもあってクラシカルな街、それがポーランドの首都ワルシャワなのです。

ワルシャワで泊まれるホテルを表示する

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

はじめてのフィレンツェ旅行、おすすめの地区とホテルは?

グアテマラの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【グアテマラ共和...

ビュルツブルグの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【ドイツ】

NO IMAGE

台北の治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【台湾】

住んでわかった!ニューヨークのおすすめホテルと観光に便利なエリア厳選3選