テネリフェ島のおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではテネリフェ島のおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

ちょっと珍しいカナリア諸島に旅行されたYURIさんに、テネリフェ島の魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルを3つ聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちは。YURIです。遺跡とビーチ・プールが好きで、いままでもそれを目的とした海外旅行に行っています。

今回は日本人にあまりなじみのないカナリア諸島(スペイン領)のテネリフェに2015年の9月末から10月頭にかけて、1週間くらい滞在しました。

ここはそんなに大きな島ではないので、一ヶ所に滞在することもできますが、南北で雰囲気が異なるリゾート地なので、日程に余裕があれば違う街にも泊まるのがおすすめです。

おすすめのエリア1:プエルト・デ・ラ・クルスの海岸沿いのホテル

テネリフェ島はヨーロッパに住む人たちにとって冬の避寒地で、常春の島とも言われる温暖で過ごしやすい場所です。

おすすめエリアの「プエルト・デ・ラ・クルス」は北側の街で、古い街並みが残り緑の多い独特の雰囲気がとても素敵な街です。

近くにラ・オロタバという16世紀から18世紀頃の建築様式で建てられた建築がたくさんある美しい街もありますが、宿泊についてはこちらの海岸沿いの方がおすすめです

このエリアのホテルを検索する

というのも、テネリフェ島は島の真ん中にテイデ山という富士山クラスの山があり、海岸から離れるにつれて、高度が上がります。ラ・オロタバは内陸側なので坂が多く、そこを滞在拠点にすると、どこへ行くにもアップダウンが大変です。

海岸沿いエリアも海岸から離れると、すぐに坂の上のホテルになります。

こちらも見晴らしがいいのである意味おすすめですが、繁華街エリアに出ると、ホテルに帰るときに坂を上ることになるので、予約時にはチェックした方がいいかもしれません。

繁華街となる海岸沿いには、海水でできたとても大きいプール、火山の名残りで黒い砂のビーチがあり、それに沿うようにレストランやお店がたくさん並んでいます。

どのレストランもテラス席が設けてあり、このテラス席から海を見ながらの食事は最高です。また、天気がいいと海に沈む夕日も見れてとてもロマンチックです。

内陸側をみるとテイデ山が見え、逆側はビーチ。山も海も良く見えるこの街が本当におすすめです。近くにロロパークという、動物園&水族館のような施設がありますが、ここの無料送迎バスもこの海岸沿いエリアから出ているので便利ですよ!

このエリアのおすすめホテル「Hotel San Telmo Puerto De La Cruz」

このエリアのおすすめホテルが「Hotel San Telmo Puerto De La Cruz」。

HI259398101

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

10865801

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

10866050

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

徒歩で海沿いのレストランや、ビーチにも行ける立地の良い3つ星ホテル。1万円台で泊まれるコスパの良さも魅力です。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

おすすめのエリア2:テイデ国立公園近くのホテル

El Teide National Park, Tenerife, Canary Islands, Spain

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

テイデ山はスペイン領のなかで一番高い山です。その高さは富士山より少し低い3718メートルで、周りが国立公園になっています。テネリフェ島に行った時には必ず行くべきスポットのひとつ、テイデ山を満喫するには、このテイデ国立公園の近くに泊まるのがおすすめです。

テイデ山は登山客向けの本格的な(?)山小屋もありますが、ここで泊まるべきはやっぱりパラドール。

パラドールとは、スペインの国営ホテルで、その多くは古城や貴族の館、修道院をホテルとして利用している宿泊施設で、その重厚な雰囲気が素敵です。

おすすめのパラドール:「Parador de Canadas del Teide」

おすすめのパラドールは「Parador de Canadas del Teide」です。

ここでのおすすめの行程は昼過ぎに現地に到着して、ホテルにチェックイン。まずは不思議な植物が生え、面白い形の石がごろごろした周りの公園を散策し、夕食はホテルのレストランで。

テイデ山にあたる夕日も素敵ですが、日が落ちるとそこは満点の星空。山の下のほうは曇っていても、パラドールの標高は雲の上の2200メートル。高い確率で満点の星空を見ることができます。

Parador-de-Las-Canadas-del-Teide-13-Zimmer_X

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

parador-de-las-canadas-del-teide_7221099

http://www.hotelsantelmo.com-tenerife.com

外で星空を満喫していると体が冷え切ってしまいますが、そんな時はサウナで温まることもできます。また、ここの屋内プールはスペインの中でもおいしいといわれる湧き水とのこと。ミネラルウォーターのプールなんて最高!

朝は、朝日のあたるテイデ山を見つつ、テイデ山に登るロープウェーの始発に乗りに行きます。パラドールから車ですぐなので、早起きしなくても始発に乗れちゃいます。

まだ人の少ない山を満喫して、降りてきてからホテルをチェックアウト!シャワーをあびて着替えもできるし、荷物を持ち歩く必要も無いので、便利です。山頂まで登るには予約(無料)が必要なので、忘れずに。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

おすすめのエリア3:コスタ・アデヘ近くのホテル

南側のリゾート地はプラヤ・デ・ラス・アメリカスですが、そこに隣接するコスタ・アデヘの近くのホテルがおすすめです。

プラヤ・デ・ラス・アメリカスの方がより”リゾート”っぽい、洋風な雰囲気で、コスタ・アデヘは若干、東南アジアの繁華街のような雰囲気を持ち合わせていて、カジュアルな感じです。

私たちが滞在した時はちょうど改装時期だったようで、プラヤ・デ・ラス・アメリカスのメインストリートは工事中でした。その地域一帯が開発中なので、いつ行ってもいくつかのホテルは改装していると思われます。また、華やかなエリアなので、夜遊びスポットもたくさんあって、遊ぶ所には困らなそうですが、まったりしたい人は落ち着いたコスタ・アデヘがおすすめです。

とは言え、隣り合った街なので、昼間はアメリカスでリゾート気分を満喫して、夜はアデヘで静かに寝るということも可能です。距離的には”頑張れば歩ける距離”ですが、連絡バスがあるので、そちらを使うといいかと思います。

コスタ・アデヘには私が目的として行ったサイアムパークという大きなプールがあり、このあたりに宿泊すると、そこまで楽に歩いて行けちゃいます。

送迎バスも出ていますが、歩いていけば、送迎バスより早くつけるので少しだけ早くみんなより入園できます。

ここは日本にはない迫力のスライダーがたくさんあるので、プールやアトラクション好きな人は必見スポットです。1日いても足りませんよ。

このエリアのホテルを検索する

常夏、ではなく常春の島、テネリフェへ。素敵な滞在をお過ごしください。

 

テネリフェ島では全体的にそうでしたが、ご飯の量がすごいです。ステーキもパスタもすごいサイズのものが出てくるので、食べすぎ要注意です。

ビールもワインもとても安いので飲みすぎも要注意です!なんとなくの印象ですが、北側の方がシーフードがおいしく、南の方は肉料理がおいしかったです。ちょっと遠いので、あまり知られていない上に、シーズンオフのせいもあると思いますが、丸1週間滞在しても一人も日本人に会いませんでした!!常夏ではなく常春の島、テネリフェ。暑すぎる所が苦手な人にもおすすめです。

テネリフェ島のホテルを検索する

ホテル予約サイトによって宿泊料金が違うって、ホント?

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、同じ部屋でも予約するサイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは、一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

検証記事はこちら