シンガポールに2泊3日の短期旅行!おすすめのホテルと宿泊エリア3選

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではシンガポールのおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

海外旅行経験豊富なエレンさんに、シンガポールの魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルを3つ聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちはエレンです。国内・海外問わず旅行が大好きで、海外はこれまでに30か国以上旅してきました。個人旅行もパック旅行も、滞在型も周遊型も、遊びもビジネスも経験があります。

シンガポールには過去5回旅してきました。その旅の目的に合わせて滞在するホテルを選ぶのが楽しみの一つでもあります。ニックネームはAmarone。北部イタリアの特殊な製法で作られるワインの名前です。

短期滞在おすすめエリア1:オーチャードロード周辺のホテル

シンガポール随一の目抜き通りであるオーチャードロードには、高島屋を含む大型のショッピング・センターや数多くのお土産物屋が軒を連ねていて、ショッピングが旅行の目的として大事ならば、この周辺に滞在するととても便利です。

ショッピングが一番の目当てではないにしても、緑豊かな街路樹が並ぶオーチャードロードは、ウィンドウショッピングやそぞろ歩きにも最適です。シンガポールの暑い日差しの中でも、街路樹がその日差しを遮ってくれます。様々な国からの観光客や地元のシンガポーリアンが集まるオーチャードロードでは、シンガポールの活気やダイナミズムを肌で感じることができるでしょう。

オーチャードロードの喧騒に疲れたならば、植物園や蘭園まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。ガーデンシティと言われる緑豊かなシンガポールで、ほっと一息つくことができます。

オーチャードロードにはおしゃれなレストランも数多く、グルメが目当ての観光客にもその期待に応えること間違いなしです。ホテルは高級なランクでは、マリオットやヒルトンなどの国際ブランド、クラシックなグッドウッド・パークなどがあり、その一方でYMCAなどのカジュアルクラスもありで、どのホテルにしようかと迷ってしまうほどです。

このエリアのホテルを検索する

短期滞在おすすめエリア2:シティ周辺のホテル

シンガポールの政治・経済の中心地で、無数の高層ビルが立ち並ぶシティ。

ここは、あのマーライオンやラッフルズ卿の上陸地点もほど近く、コロニアル調の優雅な建築群に目を奪われます。

今シンガポールのシグネチャーとも言えるマリーナ・ベイ・サンズもほど近く、その独特の姿を間近に眺めることができます。

シンガポール川のリバークルーズも人気ですし、チャイナ・タウンにもほど近く、このエリアは一大観光スポットと言えるでしょう。

シンガポール川の川沿いには、クラーク・キーやボート・キーなどのグルメ・スポットがあり、世界中の料理を楽しむことができます。シンガポールのメトロポリタンな一面を存分に味わうことができます。

そしてこのエリアで絶対に外せないのが、ラッフルズ・ホテル。白亜の宮殿と言われるこのホテルは、宿泊ゲストのみしか入れない部分も多いですが、そのファサードだけでも一見の価値があります。

有名なティフィン・ルームでのアフタヌーン・ティは大人気で、宿泊者以外でも利用できるため、連日長蛇の列ができています。優雅な午後を過ごすのにこれほどおあつらえ向きな場所もないでしょう。

ラッフルズでは、ホテルを取り囲むアーケードも有名なものの一つです。高級なブティックが軒を連ね、思う存分ショッピングを楽しむことができます。

また、道路を挟んで隣接するラッフルズシティ・ショッピングセンターは、シンガポーリアンで賑わっていて、シンガポールの今を知るには最適の場所。シティ周辺は、ショッピングにもピッタリのエリアです。

このエリアのホテルを検索する

短期滞在おすすめエリア3:セントーサ島周辺のホテル

シンガポール本島の南に位置するセントーサ島。

ここでは、都市型観光地であるシンガポールのリゾート地としての一面を味わうことができます。

それでいて、シンガポール中心部からも手軽に行け、アクセス抜群。地下鉄で最寄の駅まで行き、そこからはモノレールで入島。島内はいくつかのバス路線が走っていて、慣れれば縦横無尽に島内を行き来することができます。

セントーサには巨大なマーライオン・タワーやユニバーサル・スタジオなどのアトラクションが数多くあり、ファミリーでの休暇にはまさにうってつけです。

その一方で、静かにリゾートを楽しみたい大人のカップルにもピッタリの場所があります。

島内には広大な敷地内にゴルフ場などがある落ち着いたホテルも存在します。ホテルのスパで贅沢な時間を過ごしたり、一日中ホテルのプールサイドでくつろぐのも悪くないでしょう。

セントーサ島の南にはビーチがあり、アジア大陸最南端の碑が立っているところもあります。ビーチのすぐ目の前で大型タンカーや大型客船が行き交うのが、他にはないシンガポールらしいところ。「ここらしさ」を楽しむには面白い場所です。

小粒ながらも多彩な面白さがあるセントーサ島。遠くはないので、シンガポール中心部の喧騒を離れ、気軽に足を延ばしてみたいですね。

このエリアのホテルを検索する

色んな魅力があるシンガポール!

琵琶湖ほどの大きさしかないシンガポールですが、意外な多彩さに満ちていて観光、ショッピング、グルメ、リゾート…その人なりの目的に合わせて様々に楽しむことができます。清潔で安全なシンガポールでは、極端に緊張することなく滞在を楽しむことができるのも大きなポイント。開発が進み、次々と変わりゆく街をぜひ楽しんでくださいね。

シンガポールのホテルを表示する

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...