シンガポール中心部泊まるならここ!アクセスが良いベイフロントエリアのホテルまとめ

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではシンガポール中心部のおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

海外旅行大好きのふうかmamaさんに、シンガポールの魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルをご紹介いただきました。それではよろしくおねがいします!


海外旅行大好きなふうかmamaです。今年の春に夫の長期休暇を利用して夫婦でシンガポールへ行ってきました。

1週間ほどの滞在で見つけたシンガポールの魅力を元におすすめの宿泊エリアを紹していきたいと思います。

シンガポールの中心地・ベイフロントエリア!

シンガポール旅行の宿泊エリアでおすすめしたいのがベイフロントエリアです。シンガポール市内の中心部にあり、あの「マリーナ・ベイ・サンズ」があることでも有名なエリアです。

シンガポールに来たからには何といってもはずせないのがマリーナベイサンズ。日本ではSMAPのCMから人気に火がつき今やシンガポールを代表する観光スポットとなっています。

ホテルとカジノ、ショッピングエリアからなり中でもホテルの最上階にあるインフィニティープールはマリーナベイサンズの代名詞ともなっています。

ちなみにこのインフィニティープールは残念ながらホテル宿泊者のみしか入場が許可されていません。宿泊するもよしカジノを楽しむもよし、はたまたブランド店が立ち並ぶショッピングエリアで贅沢な買い物を楽しむのもよし、シンガポールに来たからには訪れたい施設の1つです。

ガーデン・バイ・ザ・ベイもおすすめ!

次にこのエリアに泊まるの上ではずせないのが先程のマリーナベイサンズの裏側にあるガーデン・バイ・ザ・ベイです。

2012年にオープンしたシンガポール最大の巨大植物園で18本の巨大な人口ツリー、スーパーツリーが特徴です。夜になるとこのスーパーツリーがライトアップされまるでSFの未来都市に入り込んだような世界観が味わえます。

また毎晩19時45分と18時45分の2回、「OCBCガーデン・ラプソディ」が開催され先程のスーパーツリーが音楽と光によって彩られます。

ちなみにこちらのガーデンバイザベイは一部施設を除き入場料が無料、またOCBCガーデン・ラプソディも無料となっていますので時間があれば是非立ち寄って欲しいおすすめの観光スポットです。

世界最大級の観覧車・シンガポールフライヤーに乗ろう!

このガーデンバイザベイの少し先に行くと、世界最大級の観覧車シンガポールフライヤーがあります。

なんといっても驚くのはゴンドラの大きさです。普通の4、5人乗りの観覧車とは違い最大28名もの店員を収容できる超大型観覧車となっています。

ゴンドラ内はまるで1つの部屋のようになっており壁面は全面ガラスばり、マリーナベイサンズ、ガーデンバイザベイ、シンガポールオフィス街のビル群などをシンガポールの美しい夜景を360度楽しむことができます。

またこのシンガポールフライヤーには、通常の乗車とは別にディナー付のプランがありゴンドラ内で食事を楽しむことができます。夜景を眺めながらゴンドラの中でいただくディナーは記念日や特別な日におすすめです。

その他マーライオンのいるマーライオンパークや、光と水のショー、ワンダフルを楽しむことができるイベントプラザにも程近いベイフロントエリアはシンガポール観光で欠かすことのできない観光スポットがたっぷり詰まっていてシンガポール旅行の観光拠点としてとておすすめのエリアです!

ベイフロントのホテルを検索する

ホテル予約サイトによって宿泊料金が違うって、ホント?

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、同じ部屋でも予約するサイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは、一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

検証記事はこちら