シンガポール中心部泊まるならここ!アクセスが良いベイフロントエリアのホテルまとめ


海外旅行大好きなふうかmamaです。今年の春に夫の長期休暇を利用して夫婦でシンガポールへ行ってきました。

1週間ほどの滞在で見つけたシンガポールの魅力を元におすすめの宿泊エリアを紹していきたいと思います。

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

シンガポールの中心地・ベイフロントエリア!

シンガポール旅行の宿泊エリアでおすすめしたいのがベイフロントエリアです。シンガポール市内の中心部にあり、あの「マリーナ・ベイ・サンズ」があることでも有名なエリアです。

シンガポールに来たからには何といってもはずせないのがマリーナベイサンズ。日本ではSMAPのCMから人気に火がつき今やシンガポールを代表する観光スポットとなっています。

ホテルとカジノ、ショッピングエリアからなり中でもホテルの最上階にあるインフィニティープールはマリーナベイサンズの代名詞ともなっています。

ちなみにこのインフィニティープールは残念ながらホテル宿泊者のみしか入場が許可されていません。宿泊するもよしカジノを楽しむもよし、はたまたブランド店が立ち並ぶショッピングエリアで贅沢な買い物を楽しむのもよし、シンガポールに来たからには訪れたい施設の1つです。

ガーデン・バイ・ザ・ベイもおすすめ!

次にこのエリアに泊まるの上ではずせないのが先程のマリーナベイサンズの裏側にあるガーデン・バイ・ザ・ベイです。

2012年にオープンしたシンガポール最大の巨大植物園で18本の巨大な人口ツリー、スーパーツリーが特徴です。夜になるとこのスーパーツリーがライトアップされまるでSFの未来都市に入り込んだような世界観が味わえます。

また毎晩19時45分と18時45分の2回、「OCBCガーデン・ラプソディ」が開催され先程のスーパーツリーが音楽と光によって彩られます。

ちなみにこちらのガーデンバイザベイは一部施設を除き入場料が無料、またOCBCガーデン・ラプソディも無料となっていますので時間があれば是非立ち寄って欲しいおすすめの観光スポットです。

世界最大級の観覧車・シンガポールフライヤーに乗ろう!

このガーデンバイザベイの少し先に行くと、世界最大級の観覧車シンガポールフライヤーがあります。

なんといっても驚くのはゴンドラの大きさです。普通の4、5人乗りの観覧車とは違い最大28名もの店員を収容できる超大型観覧車となっています。

ゴンドラ内はまるで1つの部屋のようになっており壁面は全面ガラスばり、マリーナベイサンズ、ガーデンバイザベイ、シンガポールオフィス街のビル群などをシンガポールの美しい夜景を360度楽しむことができます。

またこのシンガポールフライヤーには、通常の乗車とは別にディナー付のプランがありゴンドラ内で食事を楽しむことができます。夜景を眺めながらゴンドラの中でいただくディナーは記念日や特別な日におすすめです。

その他マーライオンのいるマーライオンパークや、光と水のショー、ワンダフルを楽しむことができるイベントプラザにも程近いベイフロントエリアはシンガポール観光で欠かすことのできない観光スポットがたっぷり詰まっていてシンガポール旅行の観光拠点としてとておすすめのエリアです!

ベイフロントのホテルを検索する

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

台北中心部に泊まるならここ!アクセスが便利なおすすめホテル&エリア3選

ジャカルタ中心部に泊まるならここ!アクセスが便利なおすすめホテル&エリア3選

住んでわかった!シンガポールのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

ユニバーサルスタジオ徒歩圏内!セントーサ島のおすすめホテルと見所まとめ

【観光エリア別】ハノイのおすすめ格安ホテル・ゲストハウス3選!

バラナシのおすすめ安宿&ホテルと観光に便利なエリア3選!