タスマニアの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【オーストラリア】


こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。

この記事では、タスマニアでインターンシップをしていたワットさんに、タスマニアの魅力と何が安全で何が危険かを聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


初めまして。Watです。

日本生まれ日本育ちの私ですが2017年から2018年までオーストラリアのタスマニアで6ヶ月間インターンシップをしていました。

オーストラリアのタスマニアは日本人にはあまり馴染みがないかと思いますが、自然豊かで日本では体験出来ないことをたくさん経験出来ます。

そこで今回はそんなタスマニアについて皆様にご紹介したいと思います。

安全なタスマニアで暮らすならどこ?おすすめ宿泊エリアを治安や物価の面から解説

https://www.bigstockphoto.jp

タスマニアには大きな街が3つあります。

まずは州都であるホバート、次にタスマニア第2の街ローンセストン、最後にメルボルン行きのフェリーが出ているデボンポートです。

その中でもオススメなのが島の中部に位置するローンセストンです。

飛行機(国内線)がシドニーとメルボルンから出ておりますのでアクセスも抜群です。

空港からタクシーで15分程で街の中心部に到着します。

オーストラリア国内外から多くの観光客が来る街なのでホテルやレストランやスーパーなども多くあり、長期滞在をしても困ることはありません。

半径1km位にお店などが密集していて、街並みはまるでテーマパークのような造りになっておりますので天気が良ければ一日中散歩をしていても飽きないと思います。

気になる治安に関してですがオーストラリア自体が治安がとても良く、タスマニアも同様治安はとても良いです。

夜遅くまで多くのレストランが営業しており、深夜でも人通りは多いので女性の方も安心です。

タスマニア滞在におすすめの治安の良いエリア

おすすめエリア:どこに行くにも便利なローンセストン

https://www.bigstockphoto.jp

私は無類のビール好き。嬉しいことにオーストラリアには美味しいビールが数多くあります。

一般的にはあまり注目されない場所ですが、個人的におすすめしたいのがオーストラリアを代表するビールのジェームスボーグズの醸造所。

この醸造所はローンセストンの中心部にあり、レストランも併設しているので出来たてのビールを飲みながらオススメのピザを食べるという贅沢を味わえます。

1日2回醸造所の見学ツアーも開催されているので、ビールの作り方が気になる方はご参加されてみてはいかがでしょうか?(もちろん全て英語での説明です。)

ちなみに私は飲む専門なので参加しませんでした笑

実はタスマニアには地ビールがたくさんあり、ローンセストンに2件ある酒屋で売られていますが、これらの地ビールはシドニーやメルボルンなど本土では買えません。(ジェームスボーグズを除く)

試しにamazonや楽天市場で調べましたがタスマニアの地ビールは1つもヒットしませんでした。

ビール好きの方はそれ目当てだけでも行く価値があります!

このエリアのホテルを検索する

おすすめホテル:世界遺産の中のホテル クレイドルマウンテンロッジ

https://www.bigstockphoto.jp

私のインターンシップ先のホテルで名前はクレイドルマウンテンロッジです。

場所はタスマニアの中央にある世界遺産クレイドルマウンテンの中にあります。

ローンセストンから車で約2時間半かかり、周辺にはスーパーやレストランなど一切ありません。

しかし平日・祝日を問わず部屋は常に満室になる程大人気で世界中から(日本人ツアー客も多数)の観光客がこのホテルに宿泊するためにタスマニアに来るそうです。

このホテルの売りは大自然の中に位置し、客室は全てロッジスタイルになっており一歩部屋から出るとホテルの敷地内に多くの野生動物(カンガルー・ワラビー・タスマニアンデビルなど)がいて、まるでサファリパークの中で宿泊しているような感覚になれます。

食事は周りに何もお店がないのでホテル内のレストランで食べるか食材を持ち込んで部屋備え付けのキッチンで自炊の2択になります。

ホテルのレストランではジビエ料理(カンガルー・ワラビー・ワニ)などを味わえます。

ワイン好きの方には無料のテイスティング教室が不定期で開催され、タスマニアで作られたワインの飲み比べをソムリエの解説付きで出来ます。(もちろん全て英語です。)

このホテルを検索する

おすすめエリア:自然が残る小さな港町 デポンポート

https://www.bigstockphoto.jp

最後にオススメするのはタスマニア北部の海沿いに位置するデボンポートです。

この街はメルボルン行きの船「スピリットオブタスマニア」が発着していることで有名です。

ですので街自体は小さいですが観光客がとても多く、レストランやホテルも多くあります。

その中でオススメなのは海の幸です。

海沿いの街ですので新鮮な海の幸が食べられ、特に牡蠣は最高です。

日本の牡蠣よりも身は一回り小さいですが、その分味が凝縮されておりとても濃厚でビールとの相性はパーフェクトです。

時間があればビーチには是非行っていただきたいです。

至る所でバーベキューをしていたり、サーフィンをしていたり。

そんな風景を見ながら日焼けをしたり、旅の思い出を振り返ったりするのもいいのでは。

タスマニア旅行の最後にデボンポートへ是非!

このエリアのホテルを検索する

タスマニアの治安情報や観光中の注意点

https://www.bigstockphoto.jp

タスマニアは自然豊かでとても綺麗な街並みです。

どんなに田舎に行っても日本では絶対に見れない景色が見れますので大変お勧めです。

街の中心部には日本人が経営する日本食レストランをあり、長期滞在にもお勧めです。

しかし交通手段があまりないので、空港でレンタカーを借りれば近隣の観光地へ行けるので国際運転免許証は必須です。

オーストラリアは世界的にもかなり治安が良いので有名ですが、一応海外なので最低限の注意は必要です。

タスマニアも同様です。

私自身トラブルに巻き込まれたり、そういう話を聞いたことはありませんが特に女性は一人で夜道を歩くのは極力避けることをお勧めします。

長期滞在の場合はレンタカーではなく現地で中古車を購入し、帰国後売る方がお勧めです。

オーストラリアでは車の個人間売買が主流で、ほとんどの場合購入価格とほぼ同額で売却出来ます。

これからタスマニアを訪れる方へ

オーストラリアといえばシドニーやメルボルンのイメージを持っている日本人は多いかと思いますが、是非機会があればタスマニアへ行ってみてください。

とても貴重な体験が出来ること間違いなしです。

思いっきり楽しんできて下さい!

まとめ:タスマニア市内の治安の良い宿泊エリア一覧

タスマニアのホテルを検索する

ホテル予約サイトによって宿泊料金が違うって、ホント?

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、同じ部屋でも予約するサイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは、一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

検証記事はこちら