デリーの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【インド】


こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。

この記事では、インドに10年間住んでいたIndiraさんに、デリーの魅力と何が安全で何が危険かを聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


インド在住歴の長いIndiraです。

学生時代の語学研修にはじまり、卒業後の語学留学、就職した先もインド関連企業とのことで、約10年ほどインドに住んでおりました。

インドの首都デリーはここ10年で綺麗なショッピングモールなどもつぎつぎ建設されながらも、古い町並みやマーケットも残り、いろいろな宗教、文化が交じり合いとても多様な刺激的な街です。

ホテル代も高級ホテルから安宿まで、首都ならではの治安の悪さもあり、不安な点も。

この記事では安全にデリーに住みたい、旅行してみたい!という人向けにインドを訪れる際の注意点をアドバイスいたします。

安全なデリーで暮らすならどこ?おすすめ宿泊エリアを治安や物価の面から解説

https://www.bigstockphoto.jp

滞在先の選び方はお財布事情やどのような旅をしたいかによりますが、初めて旅行される方にはデリーのコンノートプレイス周辺がマーケットにも近く、観光客も多く、散策にも便利でお勧めします。

リッチな贅沢気分を味わいたい方には高級ホテルを、学生でバックパッカーの旅をする学生にはパハルガンジーの安宿をお勧めします。

パハルガンジーはニューデリー駅の目の前なので、列車で旅を考えている人にも便利です。

ただ、かなり混雑したマーケット内にあり、スリも多く、治安も良くない場所なので、できれば初めての一人旅の際は避けて欲しい場所です。

インドのホテルは意外に高いです。ちょっと気軽に宿泊したいと思っても数万円。

でも安宿のような治安にも不安があり不衛生なところはちょっと泊まりたくないという方にお勧めしたいのがゲストハウスです。

6千円~1万円くらいで宿泊でき、割と綺麗で、食事もついています。

ただ、マーケット近くにないことが多く、立地は良くありませんが、ホテルが高額なため、長期出張ビジネスマンなどの利用も多く、安全で安心という点でゲストハウスを利用するケースが増えています。

インドでとこに滞在する際も、夜の外出は厳禁です。

日本の感覚で出歩くと大変危険ですので、夕方以降は滞在先の宿泊場所で過ごすことをお勧めします。

デリー滞在におすすめの治安の良いエリア

滞在するお勧めエリアをご紹介します。

おすすめエリア1:デリー中心部 コンノートプライス周辺

https://www.bigstockphoto.jp

観光名所への移動もオートリキシャなどで行け、徒歩でレストランやショップやマーケットへも行け便利な場所です。

コンノートプレイスから真南に伸びるジャンパト通りにはインドらしいお土産屋さんが多数並んでいます。

日曜日は休みにするお店も多いので、日曜以外の散策をお勧めします。

コンノートプレイスは各社航空会社のオフィスなどがあるビジネス街でもあります。

ピザハットや中華料理屋、マクドナルド、インド料理などのレストランも充実しています。

南東にはインド門、南西には大統領官邸などあり、日曜日などの休日にはインド各地からの旅行者や地元の人などで賑わっています。

北東にはラールキラーやジャマ―・マスジットといった歴史的建造物もあり、近代と現代、いろいろな姿をこの街では観ることができます。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア2:南デリー ハウスカース

https://www.bigstockphoto.jp

高級住宅街のある落ち着いた雰囲気のエリアです。

日本食料理屋や、日本の食材店も近くにあり、駐在員の滞在者も多い場所です。

Hauz Khas Village(ハウズ・カース・ビレッジ)のマーケットは落ち着いた雰囲気の中にインドのかわいいアンティークな雑貨店などが並びます。

細い路地を歩いて落ち着いて散策したいという方にピッタシです。

また、北に移動すればインド政府の物産展Dilli Hatディリーハットにも割と近く、インドのお土産を落ち着いた雰囲気で選んで買うことができます。

Dilli Hatディリーハットは入場料を払って入る場所なので変な人に絡まれたりということがありません。

また、インド各地から毎週入れ替わりお店が展示され、インド各地の伝統工芸や物産品をその土地に行かなくても楽しむことができお勧めです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア3:南デリー GK2

https://www.bigstockphoto.jp

ハウスカースより東に移動した場所にある高級住宅街です。

GK2 Mブロックマーケットやネループレイスなどのマーケットがあり、レストランも充実しています。

GK2 Mブロックマーケットは割と高所得者向けのマーケットで、インドらしいデザインの服や雑貨のお店が並びます。

GK2 Mブロックマーケットのレストランでお勧めするのはAmalfi(アマルフィ)というイタリアン料理屋で、お料理はどれも美味しく雰囲気も良いです。

南インド料理を食べてみたいという方にはCarnatic Caféへ。

南インド料理の軽食ドーサや南インドカレーとご飯のセット、ミールも食べることができます。
GK2東に位置するネループレイスはインドの秋葉原とも呼ばれ、電化製品や携帯電話などのアイテムが充実した場所です。

また、アパレル関係の人の間では生地や素材のマーケットで有名で、デザイナーさんも良く足を運ぶ場所です。

縫製や手芸が好きであれば、是非行ってみてください。

たくさんの素材や生地のお店が多数並びとても楽しいです。

このネループレイスのエロスタワー16Fにある中華料理屋ロイヤルチャイナはガラス張りの高層階にあり、インドの町並みを見下ろしながら美味しい中華が食べられ、たくさんのインド人や外国人に人気です。

このエリアのホテルを検索する

デリーの治安情報や観光中の注意点

https://www.bigstockphoto.jp

インドを旅行する際気を付けて欲しいのが治安です。

日本とは違うことを理解して注意することが大切です。

スリや盗難も非常に多いです。

荷物は常に自分の目が届く場所に、荷物から目を離さないで下さい。

ハンドバックなどもひったくりも多いです。

外出の際はしっかり握って、バッグの外ポケットやちょっとした隙に開けて携帯電話やお財布の盗難されるケースもありますので、十分気を付けて下さい。

また、女性は特に痴漢に注意して下さい。痴漢も多いです。

体のラインの出る服装や肌の露出は控えて下さい。

バイクで走りながらの胸やお尻を触るというケースもあります。

人込みなどの混雑時、バスなどの密着した場所での移動にも気を付けて下さい。

ここ数年でデリーでは地下鉄が発達しました。

女性専用車両も設けられているので、できるだけ女性専用車両に乗るようにしましょう。

最後にインド旅行者は大多数の人が経験する体調に関して。

お腹を壊す人も多いです。大気汚染も深刻で空気も悪いです。

うがい手洗いをこまめに、つねに手や顔が汚れますのでウェットティッシュは常に持ち歩くことをお勧めします。

外食の際は、使用する食器なども拭いてから使うようにしましょう。

路上屋台の食事は免疫のない状態では必ず壊しますので、避けてください。

暑い時期は気温45度まで上昇します。水分補給を十分に行って下さい。

水道水は飲めませんので市販のミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

これからデリーを訪れる方へ

インドは治安も悪いし危険だからと訪れないのはもったいない。

旅行の注意点を十分理解し旅行をすればインドも安全で楽しい旅ができます。

なによりも多様な文化や歴史的多数の建造物、街を散策してもとても刺激的で面白いところです。

人生で一度はインドを訪れてみてください。現地で食べる本場のカレーは本当に美味しいですよ!

まとめ:デリーの治安の良い宿泊エリア一覧

デリーのホテルを検索する

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...