チェンマイの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【タイ】


こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。

この記事では、チェンマイ在住のKANAさんに、チェンマイの魅力と何が安全で何が危険かを聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちは。タイ王国のチェンマイ在住、KANAといいます。

今年タイの首都バンコクからチェンマイに引越して来ました。タイに移住して4年ですが、チェンマイは5カ月目です。

チェンマイはタイの京都と呼ばれていて、日本人に親しまれている街です。

私もチェンマイに住む前から何度も観光で訪れており、一度住んでみたいなぁと憧れていたので、今はチェンマイでの毎日がすごく楽しいです。

初めてのチェンマイで不安という方向けに、チェンマイ旅行が楽しみになる情報をお届けします。

安全なチェンマイで暮らすならどこ?おすすめ宿泊エリアを治安や物価の面から解説

http://www.bigstockphoto.com

チェンマイは都市機能が市内中心部にぐぐっとまとまっていて、有名な観光地が郊外に点在しています。

京都のように、とてもコンパクトな街です。

そのため、初めてチェンマイを訪れる観光客にとっても、とても滞在しやすい街といえます。

チェンマイの中心エリアに滞在すれば、徒歩範囲内に飲食店、銀行、お土産物屋、デパート、マーケットなど何でも揃っていますし、タクシーやソンテウなどの乗り合いバスも常に走っており、移動に困ることもないからです。

特に旧市街と呼ばれる四方をお堀と城壁に囲まれたエリアは、朝から夜まで人通りが絶えず、治安的にも不安は少なく、女性の一人旅でも安心して滞在できます。

外国人観光客が多い旧市街は、ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設も多いですし、英語が通じるお店も少なくありません。

どこに滞在しようか迷ったら、旧市街がおすすめです。また週末にはチェンマイ中心エリアの色々な場所でナイトマーケットが開かれるので、行きたいマーケットに目星をつけたら、そのマーケットの近くに宿を取るのもおすすめです。

チェンマイ滞在におすすめの治安の良いエリア

http://www.bigstockphoto.com

おすすめエリアその1:旧市街

初めてのチェンマイで街歩きなら旧市街散策古都チェンマイならではの城壁とお堀に囲まれたエリア、旧市街は散策に最適の観光地です。

地図を見ながら歩くだけでも、十分に楽しめます。

というのも、旧市街には規模は様々ですが、40以上の古く歴史のある寺院が残っているからです。

そして木造の民家を改築した古民家カフェやお土産物屋、昔ながらの雰囲気が残るレストランなどが点在しており、疲れたらちょっとカフェへ、甘いものが欲しくなったらローカルなタイ氷菓子屋へと、ぶらぶら気ままに歩くのも楽しいですよ。

旧市街に泊まるなら、ヴィエン マントラ ホテルがおすすめです。

http://www.viengmantra.com/

お手頃な価格とかわいいお部屋、フレンドリーなスタッフ、ターペー門すぐそばで、サンデーマーケットへのアクセスも抜群です。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

おすすめエリアその2:ニマンヘミン通り

カフェや雑貨屋が多いチェンマイのおしゃれエリア、ニマンヘミン通り北タイチェンマイの名産品の1つにコーヒー豆があります。

タイの山間部にはコーヒー農園が多く、品質の良いコーヒー豆が手に入りやすいためチェンマイはコーヒー好きが集まる街としても有名です。

そのため、こだわりのコーヒー豆を使ったカフェが多く、特にニマンヘミン通り周辺には、知名度の高い人気のカフェが軒を連ねています。

若者が集まるおしゃれなカフェも多いため、タイらしいかわいい雑貨屋やトレンドのファッション小物を扱うショップ、作家によるアート作品やハンドメイドのものを扱うマーケットなど、ショッピングエリア、デートスポットとしても人気のエリアです。

カップルでチェンマイへ旅行へ来る方に特におすすめしたいのが、ニマンヘミン通りにあるサナエホテルチェンマイです。

http://www.sanaehotel.com/

都会的で洗練されたおしゃれなホテルですが、リーズナブルなので、コスパ大のホテルです。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

おすすめエリアその3:ターペーエリア

女子旅に欠かせないモン族市場と川沿いにレストランが立ち並ぶターペーエリアせっかくタイ・チェンマイへ行ったら、ぜひ見に行って欲しいのが、モン族市場です。

北タイの山岳民族モン族が時間をかけて作った細かな刺繍小物やアクセサリーなどは、代々受け継がれてきた手仕事の結晶で、見るだけで感動してしまうほど美しいものばかりです。

そしてその値段の安さに驚く日本人も多いはずです。

モン族市場はとても小さな市場ですし、タイ雑貨や山岳民族雑貨に興味のない人でも興味深く回れる市場です。ただ周辺にはデパート等がなく、日本人にとって快適に使えるトイレがないので、ターペーエリアへ行く前は事前にお手洗いを済ませておくことをおすすめします。

モン族市場へ行ったら、歩いて10分ほどの川沿いエリアへも行ってみてください。

川沿いには、おしゃれで居心地のいいレストランが立ち並んでおり、ショッピングの疲れも癒してくれますよ。

ターペーエリアのホテルなら、バーンセンファンチェンマイがリゾート感があっておすすめです。

https://baansaenfang.com/

設備やお部屋だけでなく、朝食が充実していておいしいと評判です。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

チェンマイの治安情報や観光中の注意点

http://www.bigstockphoto.com

チェンマイは世界中の観光客を惹きつける魅力的な街ですが、とても小さな街です。

バンコクのようにひどい渋滞もありませんし、昼も夜も酔っ払って大きな声を出して騒いでいる人もあまり見かけません。

基本的にゆったりとした空気のある、穏やかな街です。リラックスして滞在できる治安の良い街と言われています。

しかし、海外ということを忘れてはいけません。

タイ国内ではどこでも同じことですが、歩行者よりも車やバイクが優先が普通の社会ですから、道路の端を歩いているとしても、周りに気を配りながら歩く必要があります。

信号も少ないので、道路を渡る時はしっかり確認して、注意を払いながら渡ってください。

また置き引きやスリにも注意です。

特にサンデーマーケットなど混雑している場所では、かばんはしっかり腕に抱えるなどの工夫をしてください。

観光中の注意としては、チェンマイで寺院へ入る時には、露出の高い服装は避けましょう。

また寺院や街中で僧侶とすれ違うことも多いと思いますが、女性は僧侶に触れてはいけないので、道を譲る、距離を取るなどの配慮が必要です。

これからチェンマイを訪れる方へ

初めてチェンマイに観光に来た人も「チェンマイは落ち着く」という人が多いです。

街並みはどこか懐かしさを感じさせてくれ、人は観光客にも優しく、料理は素材の良さを生かす味付けで日本人の口に良く合います。

きっと、あなたもチェンマイが好きになると思いますよ。

まとめ:チェンマイ市内の治安の良い宿泊エリア一覧

チェンマイのホテルを検索する

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...