バンコクの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【タイ】


こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。

この記事では、バンコク在住のHANAさんに、バンコクの魅力と何が安全で何が危険かを聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


サワディーカー!バンコク在住のHANAです。夫の仕事の都合で、バンコクに移住してきて3年になります。

元々旅行好き・タイ料理好きで、在住日本人が行かないような場所にも、1人でも出かけてしまう私が、バンコクの魅力を紹介します。

日本とは違い、気をつけたほうがいい事もありますので、参考になれば幸いです。

安全なバンコクで暮らすならどこ?おすすめ宿泊エリアを治安や物価の面から解説

http://www.bigstockphoto.com

バンコクを訪れる日本人旅行者の方と話すと、よく言われる事があります。

「バスの行き先表示がタイ語のみでどれに乗ったらいいか分からない」
「タクシーに乗車拒否される」
「トゥクトゥクの料金がガイドブックに載ってる金額よりかなり高かった」

等、移動に関するトラブルです。

中には嫌な思いをされる方もいて、せっかく旅行を楽しみに来たのに…と聞いているだけで心が痛みます。

そんな風に悲しい思いをしないためにおすすめなのは、公共交通機関、つまり電車(BTS)や地下鉄(MRT)の駅のそばに滞在し、できる限りBTSやMRTで移動する事です。

実は、在住日本人もなるべく公共交通機関を利用するという人が多いのです。

それは運転手とのトラブルを避ける、という意味もありますが、バンコクの交通事情にも関係があるんです。

バンコクの道路で避けられないもの、それは渋滞です。

日本人の感覚では考えられないような渋滞があちらこちらで1日中起こります。

ひどい時には、信号が全く青にならず、道路が完全に詰まったまま、1時間以上その場所から動けない事もあります。

それが平日の昼過ぎでも起こるんです。

ですから旅行者の皆さんには、電車やMRTの駅があるエリア、そして駅近のホテルへの滞在を強くお勧めします。

バンコク滞在におすすめの治安の良いエリア

http://www.bigstockphoto.com

おすすめエリアその1:サイアムエリア

タイの若者が集まるショッピングエリア・サイアム物価の安いタイで楽しみな事と言えば、やはりショッピングですよね。

バンコクは東南アジア随一のショッピングの街で、日本人に人気のタイらしい山岳民族の雑貨や、日本のセレクトショップで扱っているようなトレンド感たっぷりのファッションアイテム、南国らしいお菓子や海外テイストなコスメなどが人気です。

そんなバンコクで1番のショッピングエリアがサイアムエリアです。

BTSサイアム駅やBTSナショナルスタジアム駅のエリアになります。

ショッピングの他にも、タイで人気のカフェやレストランがいっぱいのエリアで、1日中、人で賑わっているエリアなので治安的にも安心です。

私がサイアムエリアでおすすめなのは、4つ星ホテル、メルキュールバンコクサイアムです。

https://www.accorhotels.com/

サイアムエリアには高級ホテルが多いのですが、やはり5つ星となると、1泊の料金が3万円以上です。

メルキュールバンコクサイアムは立地も良く、サービズも抜群で、屋上にはバンコクを見渡せるプールもあるのですが、とてもお手頃で1万円以下で泊まれる事が多いホテルです。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

おすすめエリアその2:プロンポンエリア

駐在日本人が多く、日本人街とも呼ばれるエリア・プロンポンBTSプロンポン駅周辺のプロンポンエリアもおすすめです。

高級デパートや日本食スーパー、和食レストラン、タイでは珍しい日本式の高級銭湯もあり、日本人駐在員のほとんどがこのプロンポンエリアに居住しています。

そのため、街を歩くと、必ず日本人が歩いており、初めてのタイ旅行・海外旅行の方にとっても、心強いのではないでしょうか。

プロンポンエリアのおすすめホテルは、バンコクホテルロータススクンビットです。

https://www.accorhotels.com/

バンコクによく旅行に来る日本人の方の中には、いつもバンコクホテルロータススクンビットに泊まるという方も多くいらっしゃいます。

ホテルのスタッフも日本語が話せるスタッフがいたり、日本人対応に慣れているので、居心地がいいホテルです。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

おすすめエリアその3:ファランポーンエリア

おいしい料理が手頃に楽しめる中華街エリア・ファランポーンタイ料理に強い影響を与えているのが、中国料理です。

そのため中華街のエリアには中華料理だけでなく、多くの老舗タイ料理屋が軒を連ねています。

人気のレストランには、タイ人が大勢並んでいますから、ガイドブックがなくても、お店を選ぶのは難しくないでしょう。

昔ながらのバンコクの街並みを感じられるエリアでもあるので、街歩きがおすすめです。

歩道は多くの観光客で溢れていますから、女性1人で歩いていても、不安になることもありません。

そんな中華街へ近いのが、BTSファランポーン、MRTファランポーンがあるエリアです。

このエリアに泊まれば、BTS、MRT、タイ国鉄が利用できますので、バンコク以外へも列車を使って旅行へ行くという方にもお勧めです。

またワットポーやワットプラケオがある王宮エリアへもタクシーを使って15分ほどです。

ファランポーンエリアは、タクシーが多いので、タクシーをつかまえるのも簡単です。

ファランポーンエリアのおすすめホテルは、プライムホテルセントラルステーションバンコクです。

http://www.primehotelsthailand.com/

安くて、きれいで、便利なホテルです。

ファランポーン駅周辺は、ローカル色の強いエリアですが、このホテルは外国人旅行者も快適に滞在できる清潔なホテルなのでおすすめです。

このホテルを検索する
このエリアのホテルを検索する

バンコクの治安情報や観光中の注意点

https://www.bigstockphoto.jp/

バンコクで日本人旅行者が、特に気をつけるべき事は、スリやひったくり、置き引きです。

タイは、他の東南アジアの国に比べるとかなり治安は良い方ではありますが、やはり海外という事を常に意識し、注意をする事が必要です。

具体的には、鞄は必ず自分の体の前に持つ事、飲食店などでバッグを離れた位置の椅子に置いたり、目の届かない背中と椅子の背当ての間に挟んだりしない事、財布を手にしたままふらふら歩かない事などです。

また滞在中の体調管理も気をつけて下さい。特に日本と違い衛生的な問題があるお店が多いです。

また衛生的なお店であっても、タイ料理は脂っこいもの、香辛料が多いものなど、日本人の胃腸には刺激が強すぎる場合も多いです。

これは食べられない、と思ったら、無理せず残しましょう。タイは常夏の国です。

日差しが強く、水分補給や日光対策は常に必要です。

タイに長く住んでいて、この気候に慣れたと感じている私も、思っている以上に毎日体力を使っていて、慢性的な熱射病になることもあります。

どんなに活動的な方でも、タイでは自分の体力を過信せずに、しっかり休息を取りながら、水分補給を忘れずに観光してください。

これからバンコクを訪れる方へ

タイは、日本にはない、人々の生きるパワーが感じられる国です。

正直に言うと、日本と違いすぎて驚くこと、嫌だなと思うこともあります。

飲食店でサービスが悪くて、イラッとすることも多いです。

タクシーの運転手が無視します。でも、タイ人はただ飾っていないだけなんです。

話してみると、すごく優しい人だったりします。

その率直さに、元気をもらうことも多いです。

日本で人付き合いや仕事に心底疲れた方、ぜひバンコクにリフレッシュしに訪れてください。

タイの文化、タイ人の国民性に癒され、パワーをもらえるはずです。

また物価の低いタイでは日本ではできない贅沢も思いっきり楽しめますよ。

買い物も好きなだけして、日常とは違う体験をいっぱいしてくださいね。

まとめ:バンコクの治安の良い宿泊エリア一覧

  • 買い物ならここ!バンコクで1番のショッピングエリア→サイアム
  • 初めてのバンコクにおすすめ!日本語が通じやすいエリア→プロンポン
  • 昔ながらのバンコクの景色を楽しむならここ!中華もおいしいエリア→ファランポーン

バンコクのホテルを検索する

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...