世界遺産・アヴィニョン歴史地区に泊まる!おすすめホテルと宿泊エリアを解説【フランス】


こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。

この記事ではmoutonさんに、アヴィニョン歴史の魅力とおすすめ宿泊ホテルを聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちは、フランス大好きmoutonです。フランスで暮らしていたころは、暇を見つけてはフランス各地を旅行していました。

フランスは、地方によってガラっと雰囲気が変わる面白い国ですが、今回はそんな中でも特に魅力的なプロヴァンス地方の町アヴィニョンを紹介したいと思います。

世界遺産の街・アヴィニョン歴史地区ってどんな場所?

教皇宮殿(パレ・デ・パップ)を見上げる http:///www.bigstockphoto.com/

アヴィニョンは中世キリスト教の首都的存在で、教皇庁が置かれていた場所です。

1995年ユネスコの世界遺産に登録され、フランス語で「パレ・デ・パップ」と呼ばれるこの教皇庁は、ヨーロッパ最大級のゴシック様式宮殿で、今もなお当時の威厳そのままに圧倒的な存在感があります。

また、教皇庁からほど近く同じく世界遺産になっている、サンベネゼ橋(アヴィニョン橋)は、世界的に有名な童謡でも知られていますね。

そしてもう一つ、アヴィニョンで有名なものと言えば、毎年夏に開催される国際演劇祭です。世界最高峰の演劇の祭典と言われるこちらのフェスティバル、約1か月ほどの期間中は、まさに町全体が劇場と化し、いたるところで楽しいパフォーマンスを見ることができます。

アヴィニョンへのアクセスは、パリからはフランス高速鉄道TGVで3時間ほど、フランス第二の都市リヨンからは1時間、そしてマルセイユからは30分ほどです。

パリーアヴィニョンの列車は1時間に1〜2本出ています。詳細はTGVのチケット販売サイトへ→http://www.sncf.com/fr/trains/tgv

歴史的にも、文化的にも大きな魅力を持ったアヴィニョンは、南仏でのヴァカンスを過ごすには最適な町ですよ。そしてワイン好きの方にとっては、南仏といえばやはりロゼワインですね。南仏のさんさんと輝く太陽の下、美味しいワインと美味しいプロヴァンス料理で贅沢な時を過ごしてください。

アヴィニョン歴史地区観光に便利なおすすめホテル

アヴィニョンは年間を通して観光客の多い町ですから、旅行者のニーズに応じたバリエーション豊かなホテルがたくさんあります。アヴィニョンでのホテル探しの参考に、お薦めのホテルをいくつかご紹介します。

アヴィニョン中心部のベッド&ブレックファスト「N15-Chambresd’hôtes」

http://www.15avignon.fr/

こちらはシャンブル・ドットと呼ばれるスタイルのホテルです。シャンブル・ドットとは、フランス版ベッド&ブレックファストのことです。

シャンブル・ドットの魅力は、普通のホテルでは味わえないアットホームな雰囲気の中で、オーナーとの交流を通しその土地の観光情報を教えてもらったり、地元の人しか知らない美味しいお店を紹介してもらったりと、ヴァカンス気分を盛り上げてくれます。

こちらのシャンブル・ドットは、アヴィニョンの中心部に位置しており、観光にはうってつけのロケーションです。教皇庁までは徒歩10分ほど。客室はリラックスして過ごせるようにと、シンプルかつシックにまとめられていてとても清潔です。

屋外プールと緑あふれる美しい庭園があり、客室の窓から、そして朝食をとる食堂からもその景色を眺めることができます。また、こちらではクロワッサン、季節のフルーツ、自家製ジャム、フルーツジュース、チーズなどのフランスらしい朝食を楽しめます。季節によっては、庭のテラスで朝食をとることもできますよ。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

16世紀の建物に泊まれる5つ星「Hôtel d‘Europe」

http://www.heurope.com/fr/

こちらは16世紀の建物を利用した5つ星ホテルです。教皇庁までは徒歩5分、ローヌ川にも町の中心部にもすぐアクセスできる立地です。

客室や館内には、この建物の歴史を感じさせる美しい調度品や絵画があり、優雅な空間を演出しています。ホテルには39の客室と5つのスイートルームがあり、それぞれの部屋はエレガントかつ豪華でありながら、優しい色合いでまとめられていて、ゲストがリラックスして過ごせるよう細かい配慮がされています。

またホテルにはレストランが併設されていますので、地元の食材を使ったプロヴァンス料理を楽しむこともできますよ。朝食は、美しい中庭を眺めながら、外でとることもできます。5つ星ホテルならではの快適なサービスと優雅な気分に浸りたい方にはお勧めのホテルです。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

駅近くで移動にも便利なお洒落ホテル「Novotel Avignon Centre」

www.accorhotels.com/

こちらは駅から近いスタイリッシュで近代的なホテルです。アヴィニョン中央駅からはたったの5分。(アヴィニョンには駅が2つあり、TGVが停まるアヴィニョンTGV駅とアヴィニョンの市街地に近いアヴィニョン中央駅はシャトルバスで移動できるようになっています。)アヴィニョンの最も賑やかな中心部は城壁に囲まれていて、こちらのホテルはその城壁の外に位置しています。

といっても、アヴィニョンはコンパクトな町ですので、観光スポットまで徒歩で行くことは十分可能です。館内は、スタイリッシュなデザインで広々としており、屋外プールや、ジム、スパもあります。

客室も広々として開放感があり、全体がシックな色でまとめられています。また全室無料のWIFIアクセスが完備されているのもうれしいですね。ビュフェスタイルで提供される朝食は、宿泊者からの評判もいいです。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

これから世界遺産・アヴィニョンの街を訪問される方へ

http://www.bigstockphoto.com

アヴィニョンは、南仏を代表するとても美しい町です。晴れた日は、南仏らしいカラッとした青空の下、緑あふれるプラタナスの並木道を歩けば自然と笑顔になれるような魅力を持った町です。

市街地は、たくさんの小道が入り組んでいて、中世の面影を残す町並みを見ながら小道を探索するのもとても楽しいですよ。可愛らしいお土産物屋さんもたくさんあり、ビビットな南仏カラーの陶器やプロヴァンスリネンなど素敵な出会いがあるかもしれません。

そして、アヴィニョン観光の目玉は、何といっても教皇庁。威厳たっぷりにそびえ立つ宮殿を見上げていると、時がたつのも忘れてしまいますよ!

まとめ:世界遺産・アヴィニョン歴史地区観光におすすめのホテル

アヴィニョン歴史地区周辺のホテルを検索する

ホテル予約サイトによって宿泊料金が違うって、ホント?

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、同じ部屋でも予約するサイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは、一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

検証記事はこちら