名古屋駅近のおすすめカプセルホテル厳選3選!

名古屋駅のあたりは地元民の間では「名駅(めいえき)」と呼んでいるエリアです。この名駅エリアのホテルの相場価格は次とおりです。

ビジネスホテル:平日4,500円~ 週末6,000円~
カプセルホテル:全般的に3,000円~

曜日による変動幅はビジネスホテルより少なく、日・月等の閑散日には3,000円を切るケースも有り。名駅の徒歩圏内には東横インが3軒ありますが、シングルで7,000円からの価格帯です。

近年、高層ビルが増加している名古屋駅は東海地方の玄関口です。リニア中央新幹線開通が予定される名古屋駅は今後もビジネスやレジャーで賑わう地域です。それでは名駅のおすすめカプセルを3軒ご紹介いたします。

名駅のおすすめカプセルホテル1「サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅」

<サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅>
住所:名古屋市中村区名駅南1-25-2 メイテツレジャックビル4F
アクセス:JR名古屋駅下車 徒歩5分
価格:1泊3,908円(税抜)
女性専用ルームの有無:無

最初におすすめするカプセルホテルは、「サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅」です。

ここは、名古屋市に3軒、福岡市に1軒の店舗展開していて、ここ名駅と、栄、今池といった主要繁華街で営業する名古屋では有名なカプセルホテルです。

カプセルですが一般的なタイプ以外に、畳敷きカプセルと特別カプセルが設けられています。特別カプセルの特長は次のとおりです。

  • ノイズキャンセリングイヤホンの常備・低反発マットレスの採用
  • タッチパッド付キーボードのパソコン設置

ネット動画や音楽を楽しめて、良い寝心地を求めたい人に最適です。

カプセルに泊まると朝食バイキング無料の特典があるのがうれしいです。朝食は6時からですから早い出発の時も食事を摂れるでしょう。

大浴場・サウナ、ラウンジ、ネットブースもあります。サウナでは発汗を促進したり、マイナスイオン効果があるとされる「ロウリュ」が定時で実施されています。

また、クリーニングが最短90分の対応なので急な泊まりの時に便利です(定休アリ)。ウェルビー名駅のあるメイテツレジャックビルは、グルメ店舗やボウリング場等がある一日楽しめるビルです。遅くなってもウェルビーで泊まれるから安心です。

名駅のおすすめカプセルホテル2「ゲストハウスわさび名古屋駅前」

<ゲストハウスわさび名古屋駅前>
・住所:名古屋市中村区椿町13-5
・アクセス:JR名古屋駅太閤通南口から徒歩5分
・価格:1泊2,500円(税抜)
・女性専用ルームの有無:有

次のおすすめするは女性専用フロアがあるのがポイントです。

ゲストハウスわさび名古屋駅前はドミトリーです。ドミトリーとは、相部屋の宿でバックパッカーズやこのホテルの名称の一部でもあるゲストハウスと呼称されることがります。

相部屋ということで心配するかも知れません。たしかにこの宿にも大広間もありますが、一般的なカプセルホテルの体裁の部屋も設置されています。このカプセルに女性専用フロアがあるのです。

同じフロアにパウダールームとトイレも設置されています。フロアは他に男性専用、男女混合、大広間があります。

風呂はありませんが、各階にシャワーブースが設けられています。カプセル内の設備は次のとおりです。

・エアコン
・読書灯
・コンセント
・貴重品ボックス(鍵式) ・テレビ ・パソコン ・無線LAN

ここのようなドミトリーの宿は備品などを最小限とする分、料金を抑えている傾向があります。

この宿では館内レストランが無かったり、パジャマやタオルが有料レンタルだったりしますが、宿泊費を安くしたいという人には最適な宿のひとつです。でも、歯ブラシ、化粧水、メイク落とし、乳液などが無料になっている点は女性に優しい宿と言えるでしょう。

名駅のおすすめカプセルホテル3「カプセルキャビン プチナゴヤ」

HI319627924

<カプセルキャビン プチナゴヤ>
・住所:名古屋市西区名駅1-1-16 横田東ビル3F
・アクセス:JR名古屋駅より徒歩5分
・価格:1泊3,102円(税抜)〜
・女性専用ルームの有無:無

3軒目に紹介するのは、カプセルホテルの新しい流れである個室型の宿、プチナゴヤです。

一般的なカプセルと違い机やクローゼットなどが設置されているのが大きな特徴です。狭いながらも部屋になっているのでプライベートが確保されることになります。

部屋はビジネスホテルから部屋の広さを削りユニットバスを除外したものに近いと考えればいいでしょう。カプセルのベッドは一般的には足元側に一人が出入りできるだけの枠があってそこをカーテン類で仕切る形式です。

しかし、この宿はベッドの横側に幅広となるカーテンがあります。もちろん、個室ですからこのカーテンを使わずとも他人に見られませんから開放感は抜群です。

風呂の代わりにシャワーブースや洗面台があります。部屋着、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、髭剃り、シャンプー・ソープといった宿泊の際に必要な一通りのものを使用することができます。

夕食の対応があります。これは宿で食券を購入し同じビル内の飲食店(洋風・和風)で日替わり定食または晩酌セットが味わえるシステムです。

安く宿泊できる代表格のカプセルホテルですが、プライベート感の乏しさに敬遠しているという人であってもプチナゴヤは利用しやすい宿です。

このカプセルホテルを予約する

名古屋のカプセルホテルを利用する方へ

女性の場合は利用できる宿がまだまだ少ない状況です。カプセルホテルは寝る場所は一人一人最低限のスペースが確保されていますが、風呂・トイレ等共有部分があるので他人とすれ違うことは多々あります。

また、カプセル内ではマナー、特に音漏れに注意しましょう。これにはいびきや寝言も含まれますし、自分が気をつけていても他の客にあなたが悩まされることも考えられます。

何か良くなさそうなことばかりに思えますが、馴れてしまえば館内のいたる所をガウン等の軽装でうろうろできて気楽になります。

ほとんどの人が静かに利用していますから、あなたも他人に対して寛容な気持ちでおトクな楽しい宿泊にしましょう。

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...