ヌメアのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではヌメアのおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

Seitaさんに、ヌメアの魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルを3つ聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちは。フランスが気に入り、フランス語圏にも興味を持つようになりましたSeitaです。
日本との時差がほとんどなく南下するだけでフランスの空気を感じながら綺麗な海や海鮮物を楽しめるニューカレドニア。

天国に一番近い島、ウベア島が有名ですが、首都ヌメアでも十分楽しめますよ。少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。

ヌメアおすすめエリア1:ウェントロの丘がある島の南側

ニューカレドニアのヌメアは小さな島ですが観光施設、ホテル、文化的施設が少し離れておりそれぞれバス移動もしくはタクシー移動が中心となります。ツアーだとバスで送迎もあるようですがそれも限られた時間のみとなってしまいます。さらに個人の旅だと何を重点的に考え滞在するかが大切です。

まずおすすめなのは、ウェントロの丘がある島の南側。

この地域には数多くのリゾートホテルが集中しています。市内中心部からは5km程でアクセスは悪くありません。大型のホテルも多く、ホテルの中でレストラン、アクティビティ、プールも楽しめるため退屈しません。ホテルによってはプライベートビーチもあるので外に出ずともゆっくり満喫できます。挙式を行う事もできるようです。

ホテルによっては日本語が通じる事もありますが、公用語はフランス語。独特のゆったり感を楽しめ、食べ物がおいしくまさにフランスの良いところだけが集まったような国です。初めての滞在は大きなホテルが便利で良さそうです。

島の南側のおすすめホテル「Chateau Royal Beach Resort & Spa」

この地域のおすすめホテルは「Chateau Royal Beach Resort & Spa」です。

5167665_25_z (1)

http://www.complexechateauroyal.nc/

bg4

http://www.complexechateauroyal.nc/

ビーチすぐそばのリゾートホテルで、敷地内にはプールやスパ、テニスコートなどの施設が揃っています。ホテル内でのんびり過ごすのは最適のホテルです。

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ヌメアおすすめエリア2:ココティエ広場がある島の中心地

ヌメアといえば、朝市が有名です。朝11時までの間、海鮮物、野菜、果物が並びます。

ここでおすすめは天使のエビ!そのまま食べる事ができるのですが新鮮そのもの。プルプルで繊細な味が楽しめて魚介類にうるさい日本人も納得の美味しさです。

コーヒーもフランスの影響を受けているため本格的なものが味わえます。地元のムッシューに混じってノンビリ朝カフェも良いですね。

朝市会場は六角形をした建物がある海沿いになりますが、少し歩くとヌメアの中心街があります。観光案内所や、お土産屋さん、ココティエ広場という街のシンボルとなる広場があります。

この界隈にはレストラン、カフェ、免税店などが立ち並びちょっとしたお土産が揃います。この地域は海沿いにあるリゾートホテルと比べると料金が安いので、節約したい方、次の日にはウベアなど離島を巡る方にもおすすめです。

一番の中心地で栄えているので、南国とフランスを感じる街中をお散歩するのも良いですね。

少し足を伸ばせば、レンゾピアノ建築のチバウ文化センターがあります。フランスからの独立運動を指揮したジャンマリーチバウ氏をたたえ創設されたものです。中は地元の芸術作品、歴史、インテリアなどが展示されていて、異文化を味わう事ができますよ!

ココティエ広場のおすすめホテル「Best Western Hotel Le Paris」

ココティエ広場に近いホテルであれば「Best Western Hotel Le Paris」がおすすめ。

HI197775456

http://www.bestwesternleparis.com/

ベストウェスティングループのホテルなので、ホテル内は清潔ですし、スタッフの対応もきちんとしています。広場へも徒歩すぐの場所にあるので観光拠点としても便利です!

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ヌメアおすすめエリア3:シトロン湾周辺のホテル

こちらは夕日が綺麗な事でも有名です。街中でも海でもゆっくりしたい、という欲張りな方におすすめです。ホテルの数は少なめなので比較的人が少なくプライベート感も味わえます。

この界隈からだと街中までタクシーで行っても料金がリーズナブルで安心です。海鮮物、野菜、果物以外はほぼ全て輸入品となるので物価は高めなので、交通費がおさえられると助かりますよね。

出発地は街中となりますが、アメデ島という近隣の島に船で日帰りのショートトリップも良いですよ。灯台があり、サンゴに囲まれている風光明媚な島です。

灯台には階段で上がりますが、登りきると絶景が広がります。海の青さ、サンゴのグリーン砂浜の白さ、芸術のような景色です。またスノーケリングも砂浜から簡単に楽しめます。私が行った時には大きな魚が多く泳いでいました!ご飯を食べながらポリネシアンダンスのようなショーも楽しめます。

日帰りでイルカを探しに行くツアーもあります。私が行った時には残念ながら見る事は出来ませんでしたが無人島で砂浜から直接スノーケリングが出来ます。海の水は透明でプールのようです。ほぼ貸し切り状態になるのでプライベート感を味わいたい方におすすめです!

シトロン湾に面したホテルなら「Le PARC HOTEL」がおすすめ。ビーチに近いこともありますが、ホテルの敷地内にもプールがあるのでのんびり滞在できますよ。

le_parc_noumea

http://www.leparcsuites.com/

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

海の青さと壮大な景色は別世界!ぜひヌメアにいらっしゃいませ

いかがでしたか?ニューカレドニアはハワイやグアムに比べるとなじみが無い国かもしれません。今回紹介した首都ヌメア以外にも島が多く存在するので色々な島を巡るのも良いですね。

海の青さと壮大な景色は日本とは全く別世界ですが時差がほとんどない国なので疲れも出にくいです。日本からは成田空港、関西空港から直行便も出ているのでアクセス至便です。

フランスのエスプリも感じながら、ハワイのような南国気分も味わえるニューカレドニア、是非訪れてみてください。

ヌメアのオトクなホテルを検索する!

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...