フィリピン・ルソン島のおすすめエリアと観光に便利なホテルまとめ


フィリピンに数年間滞在し、首都マニラのあるルソン島とセブ島で仕事をしていたKittyです。

滞在期間中、国内の各所を旅行した経験から皆様に旅行のアドバイスができたらと思います。

島によっても違った魅力を持つフィリピンは7109の島からなる一つの国で、日本からもアクセスがよく短期の旅行者にも人気の旅行先となっています。

この記事では、ルソン島のおすすめ滞在エリアとおすすめホテルをご紹介していきます。

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

ルソン島のおすすめエリア1:プエルトガレラ

首都マニラから約3時間のビーチパラダイズ“プエルトガレラ”。プエルトガレラはルソン島の南部に位置し,マニラから最も近く、そして最も速く行くことができるビーチリゾ-トのひとつです。

首都マニラからバスで約2時間、その後はフェリーで1時間、忙しい旅行スケジュールの方がお手軽にビーチを楽しめるロケーションとなっています。

ここのホテルはどこもお値段がリーズナブルで予算があまりない方も格安で泊まれる宿が見つかること間違いなしです。日本円で2000~3000円出せば、それなりの設備が整ったホテルに滞在可能です。

また料金はほとんどの宿が部屋ごとのチャージなので2人で宿泊するのであれば半額になるという計算です!

プエルトガレラおすすめホテル“オリエンタル・パール・リゾート”

英語が苦手な方も安心。プエルトガレラには日本人経営のホテル“オリエンタル・パール・リゾート”という宿泊施設があります。日本人経営だけあってやはり館内もきれいです。

280559_110714211221796

http://orientpearl.web.fc2.com/

近郊の観光案内や、レストラン情報、ダイビングの案内なども全て日本語で提供されているだけではなく、クレジットカードの支払いも可能な点では治安に少し不安のあるフィリピンで大金を持ち歩かなくていいという点でもメリットです。

Deluxe King Bed

http://orientpearl.web.fc2.com/

価格はほかのローカルなホテルに比べると少し高めの設定ですが、それでも一泊6000円程度なので日本人の旅行者からしたら安いと感じられる人も多いかもしれません。クオリティ、サービスにこだわる旅行者におすすめの宿です!

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ルソン島のおすすめエリア2:グリーンベルト近郊

グリーンベルト近郊のホテル。こちらは思いっきりショッピングを楽しみたい都会派におすすめの滞在エリア。

首都マニラのど真ん中に位置するショッピングモール“グリーンベルト”の周囲には世界にも名だたる高級ホテルから利用しやすい一般向けのホテルまで数多くの宿泊施設が立ち並びます。

シャングリラ、ペニンシュラ、インターコンチネンタルなど限られた期間をラグジュアリーに過ごしたい方におすすめの高級ホテルから、「サマーセット オリンピア」「アストリア グリーンベルト」など、値段は1万円以下と比較的利用しやすいですが、館内はきれいになっており、日本人観光客にも評判のいいホテルです。

このエリアの魅力と言えば、なんといってもショッピングモール。先進国並みに洗練された建物と、ブランドノラインアップが見事です。現地のローカル民芸品をハイレベルひきあげたクオリティの高い民芸品などの購入も可能なので、フィリピンらしくなおかつ質のいいお土産を探している人は一見の価値ありです。このエリアを拠点にしてルソン島の北部や南部の田舎町を訪ねてみるのもおすすめです!

このエリアのホテルを検索する

ルソン島のおすすめエリア3:バギオ

北部の穏やかな田舎町、バギオ。バギオは、フィリピン北部ルソン島のコルディリェラ行政地域にある街です。

ここは北部なのでフィリピンとは思えないほど寒いと感じることもあるエリアですが、その分空気も澄んでいて、リラックスして過ごすにはおすすめのエリア。

バギオ バーンハム スイーツホテルという宿泊先が比較的外国人にも人気のホテルで、wifiやテレビ等設備もそれなりに整っています。せっかくルソン島の北部まできたからには、バギオを拠点に有名なBanaue Rice Terracesを訪れてみてください。美しい棚田群は息をのむ美しさです。

バギオどちらかというと都会から離れてローカルに根付いた体験がしたい方におすすめのエリアで、人々の温かさやフィリピンの人々の本当の暮らしが垣間見ることができる地域になっています。

都会から離れた地域で、地元の人たちと肩を並べて、地元の文化に触れながら、リラックスしたひと時を過ごしたい方には是非一度襲ずれてもらいたい土地です!

このエリアのホテルを検索する

エリアによってまったく違う魅力を持つルソン地方

ルソン島は北部、南部、そして首都マニラ近郊でまったく違った雰囲気をもった島になります。すこし長めの日程がとれる方ならぜひ、首都だけではなく北部の自然、南部の海、そして首都近郊の近代的な活気ある雰囲気をすべて堪能して頂ければと思います。

それぞれの町で出会う人々は全くイメージの違ったフィリピン人であり、都市と田舎を両方違った楽しみ方がありますので、自分のスタイルに合った旅を計画してみてください。

ルソン島のホテルを表示する

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

セブ島の治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【フィリピン】

マニラの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【フィリピン】

セブの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【フィリピン】

行ってわかった!コルディレラの棚田訪問におすすめのホテルと宿泊エリアのまとめ

滞在者が語る!セブ島のおすすめ高級ホテル・5つ星ホテル3選(フィリピン)

セブ島でダイビング!観光に便利なおすすめホテルと海の綺麗なエリア3選!