クアラルンプールのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではクアラルンプールのおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

社会人時代、マレーシアに住んでいたMITOさんに、クアラルンプールの魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルを3つ聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


こんにちは!仕事の関係で1年ほどマレーシアに住んでいたMITOです。

賑やかなところ、自然の豊かなところ、そして外国人の多いところなどの特徴があること、そしてマレーシアらしさ。いろいろな人種の人たちが生活しているクアラルンプールを歩くのは、本当に楽しい時間です。

今回はこれからクアラルンプールを訪れる方に向けて、おすすめの宿泊エリアやホテルをまとめました。エネルギッシュなクアラルンプール滞在の参考にしていただければ嬉しいです!

おすすめエリア1:ブキビンタン周辺のホテル

まず最初におすすめしたいのがブキビンタンエリア。

ここは日本でいう銀座のような場所で、クアラルンプールセントラル(KLCC)駅からモノレ一ルで数分の場所に位置しています。

モノレ一ルの右側の出口周辺には、高級ブランドショップ店が並び、ショッピングを楽しめます。パビリオン、ロット10、スンガイワン、そしてタイムズスクエアといった大型のショッピングモールが隣接しており、どこも徒歩圏内で回ることができます。マレーシア価格でのお買い得な洋服や雑貨小物類など欲しいものがたくさん置いてありますよ!

このエリアのホテルを検索する

1-1. ブキビンタンにはレストランもたくさん!

パビリオンと呼ばれるショッピングモールには飲み屋やレストラン、東京ストリートと呼ばれる日本食エリアも入ってます。マレーシアでは日本の文化に人気があり、何処へ行っても寿司屋があります。

夕方から夜になると、このエリアには屋台がオープンして地元の料理をかなり安く食べることができます。

モノレ一ルの反対口にはジャランアロー通りと呼ばれる中華系の屋台がずらっと並んでおり、夜になると赤い提灯がとても綺麗です。料理はサテ一と呼ばれる焼き鳥のようなものから、フィッシュボ一ルが入っているスチ一厶ボ一卜、肉骨茶(バクテー)と呼ばる豚のバラ肉や内臓が入っている薬膳料理もおすすめ。

ショッピングモールの食事に飽きることがあれば、こうしたところで食べてみるのもいいですね。どこも美味しいですよ!

1-2. マッサージのお店もたくさん。旅の疲れも癒せます。

このエリアには足裏などのマッサージをしてくれるお店がたくさんあります。歩き疲れたらちょっとそんなマッサージを受けてみるのもいいですね。

このあたりのマッサージはとてもオトクで、日本円で1000円ほどで1時間のマッサージを受けることができるのです。またスパもモール内にはたくさん入っており、そうしたものも日本よりはかなり安いのでこの機会に味わっておきたいものです。

奥に進むとバ一が並んでいる飲み屋街があったり、週末になるとクラブになり夜遅くまで盛り上がってます。あまり移動をせずに食事やショッピングを楽しんだり、リラックスされたい方におすすめのエリアです!

1-3. 安宿から高級ホテルまであらゆるニーズに応えるホテルも充実

このホテル周辺は三ツ星クラスのホテルが多く、比較的リーズナブルな価格で宿泊ができるのが特徴です。

安い部屋でしたら1泊1200円〜から見つかりますし、設備の整ったビジネスホテルも3000円〜5000円ほどで見つかります。バックパッカーが利用するようなゲストハウスもたくさんあり、このエリアはそうした人たちも多いです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア2:チャイナタウン周辺のホテル

ここはバックパッカーが宿泊するエリアであり、安いところでは1000円ほどで宿泊できるところもあります。実はこのエリアが観光には最も適したところであり、歴史建造物がたくさんあり、どこも徒歩で行くことができるのです。

スルタン・アブ・ドゥ・サマド・ビルは見事というほどの美しさであり、マスジットジジャメのモスクが見応え十分です。さらに独立広場や歴史を感じさせるおしゃれなクアラルンプール駅なども、やはり徒歩で行く事が可能なのです。

このエリアのホテルを検索する

2-1. チャイナタウンで試したい料理の数々!

このチャイナタウンには、中華系の屋台がずらっと並んでいます。

どでも美味しいのですが、中でもおすすめの料理は鯉の刺し身のお粥です。日本ではあまり馴染みのない食物ではありますが、新鮮な鯉は臭みもなく、そのままオリ一ブオイルで食べるのも良し、お粥の中に入れて少し、火を通して食べるのも美味しいです。

次に牛肉麺と海老入り水餃子が美味です。プリプリの餃子は口の中で溶け出し幸せな気分にさせてくれます。

また、近くにはマレーシアの南方でしか味わう事が出来ないニョニョ料理と呼ばれるマレーシア料理と中華料理をミックスさせたものがあります。ココナッツが入っており、スパイスとの絶妙なハ一モニ一を奏でてくれます。

2-2. お土産はセントラルマーケットで!

そしてこのエリアにはセントラルマーケットという外国人で大人気のお土産のお店があります。とってもきれいでおしゃれば雑貨ばかりがリーズナブルな価格で購入できます。食事できるフードコートもあり、歩き疲れたらここで休むことができますのでとっても便利なのです。

中でもおすすめがナマコ石鹸。マレーシアでは昔からケガをした時に治癒力が高いナマコを用いてたようです。肌がツルツルになりますよ。

チャイナタウンそのものではブランドのまがい品がたくさん売っていてどれも本物ではありませんが本物のように売っています。ちょっと気分転換にそんな活気のあるお店を見て回るのも楽しいのです。

2-3. 交通も便利!周辺には散歩ができる観光スポットも充実。

そしてこのエリアはKLセントラルというメインの駅に近く、この駅から空港までは鉄道を使うと直通になります。また安く空港に行く場合でもやはり直通のバスがあり、そうした面でも交通の便のよいところなのです。

さらにちょっと足を伸ばせばレイクガーデンがあり、バードパークやバタフライパーク、オーキッドガーデンなどのあり、自然のきれいな景色をのんびり楽しむことができます。ここは歩くと少し距離がありますのでタクシーを使うとすぐに行くことができます。どこに行くにも本当に便利なおすすめエリアです!

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア3:KLCC周辺のホテル

最後におすすめしたいのがKLCC周辺のエリアです。

ツインタワーが有名なKLCC。この周辺はワンランク上の高級ホテルがたくさんあるエリアで、五つ星ホテルも実に多いです。豪華なホテルに宿泊して夜のペトロナスツインタワーの夜景を楽しみ、そのツインタワー内にあるKLCCのショッピングモールで買い物をすればかなり優雅な旅になることは間違いありません。

このエリアのホテルを検索する

3-1. KLCC周辺の楽しみ方

KLCC内には紀伊国屋書店や伊勢丹が入っていますし、和食レストランもあります。様々なレストランやブランドショップ、映画館(平日は日本円で300円、土日祝日は600円)やボ一リング場も入っているので色々楽しめます。

また、隣のKLCC公園はちょっとした憩いの場所として子供連れの家族に人気。あまりあちこちにいかずにのんびりと過ごしたい人にはまさにピッタリなエリアです。

さらにこのツインタワーから少し歩いたところにはマレーシア観光センターがあり、いろいろな観光ツアーやマレーシアの特色、そしておみやげなどを購入することができますよ。

3-2. マレーシアを一望できるKLタワーもすぐ近く!

ちょっと歩くことができればマレーシアのもう一つの名所であるKLタワーも近いです。

ここの上までエレベーターで上がればKL市内を一望できることになり、市内がどのようになっているのか位置関係その他のことが手に取るようにわかります。

3-3. リトルインディアやチャイナタウンにも足を伸ばしましょう。

モノレ一ルのエスカレーターを降りると、そこにはリトルインディア街やリトルチャイニーズ街があります。屋台が並んでいてロ一カル気分を味わえます。

また、電車で一駅行ったところにバンサ一と呼ばれる街がありますが、欧米人向けのバ一が並んでおり、飲食におすすめです。さらにはミッドバレー駅にはマレーシアを代表するメガショッピングモールがあり、楽しめます。クアラルンプールセントラル駅を本拠地として、色々と回られてみてくださいね!

このエリアのホテルを検索する

目的に合わせてエリアを選び最高のクアラルンプール滞在を!

今回紹介した3つのエリアにはそれぞれ特徴があります。

とにかく買いものが大好きな人はブキビンタンエリア、観光が大好きな人はチャイナタウン周辺のエリア、そして豪華なホテルや高級感のある旅行を楽しみたい人にはKLCCエリアです。

どんな旅行をしたいのかによってエリアを決めてホテル探しができますし、きっと忘れることのできない素敵な旅になることは間違いなしです!

クアラルンプールのホテルを検索する

ホテル予約サイトによって宿泊料金が違うって、ホント?

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、同じ部屋でも予約するサイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは、一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

検証記事はこちら