羽田空港FIRST CABINをショートステイ利用してきました!1時間から利用できる極上のお昼寝スポット。

大阪伊丹→羽田→ホノルルに向かう途中。羽田空港でこの記事を書いています。

今回、羽田に日中到着し、ホノルル便の搭乗まで時間があったので、

羽田空港国内線第一ターミナルにある「ファーストキャビン羽田ターミナル1」にて、1時間単位のショートステイ利用をしてきました。

FIRST CABINは、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたカプセルホテル。

羽田空港内のターミナルビルに直結しているのですが、宿泊だけでなく、日中は1時間=1000円で借りることができます。

空港での待ち時間って意外と体力を使いますよね。どこか喫茶店に入っても500円くらい使いますし、この値段でベッド仮眠が取れて風呂も入れるのであれば、非常にコスパが良いです。

こちらがファーストキャビンの入口。

料金は、

宿泊:6000円(19:00-10:00)
ショートステイ:1時間1000円(10:00-19:00)
早朝:3000円(5:00-10:00)

となっています。

僕は午前11時にチェックインしたのですが、宿泊客のチェックアウト後の時間だったためか、ほぼ貸切状態で利用することができました。

カプセル内は鍵がかからないため、貴重品ロッカー専用のキーを手渡されます。

こちらがカプセルルームのフロア。

カプセルホテルというとあまり良いイメージを持っていない方もいると思いますが、FIRST CABINは近代的なデザイン。飛行機の中をイメージしているのが伝わります。

カプセルの中はこんな感じ!

ベッドと荷物置きスペースだけの空間ですが、仮眠には十分です。ベッドはちょっと硬いですが、飛行機で疲れた身体を癒すには十分。

タオルなども完備されているので、手ぶらで大浴場やシャワーブースを利用することができますよ。

コンセントも複数にあるので、電子機器の充電がてら昼寝をして待つこともできますね。

こちらは「ビジネスクラス」のカプセル。こちらだと1時間800円とちょっと安くなるのですが、荷物置きのスペースがわずかになります。

またこちらは2時間あたりの利用になるので、ファーストクラスの方がコスパ良く感じます。

館内にはコインランドリー&乾燥機付き
といっても1台しかないので、夜の時間帯は争奪戦になりそうです。

大浴場は10時〜12時までの時間清掃が入るため利用できないのですが、シャワーブースは24時間いつでも利用できます。アメニティ類も揃っているので、飛行機の疲れをサッパリ落とすことができます。

1時間利用というと短く感じますが、

  • チェックインを済ませて自分のキャビンで荷物整理
  • ルームウェアに着替えて大浴場でさっぱり
  • キャビンに戻って20分ほど仮眠

は十分にできます。

長距離移動は、自分が思っている以上に体力を使うもの。

そんなとき、時間に余裕があるなら、こうしたスペースでパッと昼寝をして、次の予定に向かうとリフレッシュできますね。

というわけで、羽田空港内のファーストキャビンをご紹介しました!

これから夜の便を待って、ホノルル空港に向かいます。

ホテル詳細

  • ホテル名:羽田空港FIRST CABIN
  • 住所:〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル1階
  • 料金:【ファーストクラス】宿泊¥6,000/ショートステイ ¥1,000/1時間 (10:00〜19:00)/早朝ショートステイ ¥3,000/3時間 (5:00〜10:00am.)
  • 【ビジネスクラス】宿泊¥5,000/ショートステイ ¥800/1時間(10:00〜19:00)

*ビジネスクラスのショートステイは2時間から利用できます。

公式サイトはこちら⇒http://first-cabin.jp/locationlist/haneda-terminal1.html

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...