ダブリンのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

こんにちは、「SUMIKIKI」編集長の阪口です。この記事ではダブリンのおすすめエリアとホテルをご紹介しています。

ワーキングホリデーでダブリンに滞在していたテングーさんに、ダブリンの魅力と、観光におすすめの宿泊エリアとホテルを3つ聞いてみました。それではよろしくおねがいします!


アイルランドの首都ダブリンに一年ほどワーキングホリデーで滞在をしていたテングーです。

アイルランドの一番の立地のよいホテルでアルバイトをしながら、一年を通じて色々なイベントを経験しながら楽しく暮らしていました。そんなイベントも踏まえておすすめの場所をご紹介していきたいと思います!

おすすめの宿泊エリア1:テンプルバー(Temple bar)周辺のホテル

ダブリンは小さな町ですが、それでも観光をするのに一番便利な場所はやはり街の中心部です。テンプルバーエリアはまさに街の中心部であり、世界中から数多くの観光客が集まる場所になっています。

このエリアには歴史あるパブが数多く現存しており、石畳の路地にヨーロピアン建築の色鮮やかな建物が連なる様は、いかにもヨーロッパというような、味のある雰囲気が醸し出ています。

アイルランドのイメージとして一番有名なのは、黒いビールのギネスと軽快な音楽が特徴的なアイリッシュミュージック。ここテンプルバーエリアでは、アイルランドの名物が凝縮されて体験することができる場所になっています。

夜になると多くのパブから音楽のセッションが聞こえてきますので、ちょっとでも惹かれたなら思い切って中に入ってみることをおすすめします。特定のイベントの時期を除いて、音楽は基本的に無料で楽しむことができます。カウンターに行って飲み物を注文し、空いている椅子にポンと腰をかけてミュージックを楽しましょう。

お店によってはアイリッシュダンスが開催されているところもあります。アイリッシュダンスを行っているお店の前にはポスターが貼られているので、すぐにわかるようになっています。また美味しいレストランがたくさんありますし、スーパーもある為、食事などにこまることもありません。

このテンプルバー付近に泊まる一番のメリットは、何と言っても、パブでお酒を飲みながら遅くまで楽しめることです。

アイルランドは他のヨーロッパに比べて比較的治安の良いエリアと呼ばれていますが、できれば遅い時間の外出は避けたほうが無難です。ただこのエリアに泊まるようであれば、パブがホテルに隣接している場合が多いので、遅い時間に外を出歩くにも、距離が近いので危険はかなり避けられます。

ただし、このエリアにはホテルが数個くらいしかないので、直近での予約は時期によってはなかなか難しいかもしれません。特に3月17日にはセントパトリックスデーというアイルランドで一番の盛り上がりを見せるお祭りがある為、この時期と夏場はお早めの予約をおすすめします。

テンプルバーエリアに泊まるデメリットとしては、繁華街なので少し夜中は騒がしいときもあるかもしれません。そして観光客用の場所である為、お店で売られているものは比較的、金額が高めに設定されており、地元の人はあまり立ち寄りません。静かな場所や地元の人々に触れたい場合は、他のエリアのほうがおすすめかもしれません。

このエリアのホテルを検索する

おすすめの宿泊エリア2:セント・スティーブンスグリーン周辺のホテル

ダブリンの街はリフィー川という川が街の中心に流れており、この川を境に北側と南側というふうに大体のエリアが分けられています。セント・スティーブンスグリーンは南側に位置する大きな公園であり、観光地の一つでもあり、市民の憩いの場にもなっています。

セント・スティーブンスグリーンの近くには大きなショッピングセンターがあり、また目の前にはグラフトンストリートと呼ばれる賑やかなショッピングストリートがあります。

このエリアは高級デパートからセレクトショップ、レストラン、カフェなどが多くあり、見るもの食べるものがたくさんあります。また大道芸人やミュージシャンが常に道端で演奏をしているので、とても華やかな雰囲気につられて気分も明るくなる場所です。

このエリアにあるホテルは少し高級なものが多いですが、ゲストハウスなどもあるのでぜひご自身の趣向にあった宿泊施設を探してみて下さい。ショッピングセンターの中にはスーパーもありますので、自炊をしてみるのも楽しいかもしれません。

ルアスと呼ばれる路面電車が公園のすぐ近くにある為、街の郊外に出かけるときはとても便利な場所です。このエリアはお買い物を楽しみたい方にはとても便利な場所です。

このエリアのホテルを検索する

おすすめの宿泊エリア3:メリオンスクエア(Merrion Square)周辺のホテル

メリオンスクエアはセントスティーヴンスグリーンの比較的近くにある公園ですが、この辺りは政府の主要施設や博物館などが数個存在しており、他のエリアに比べて閑静で落ち着きのある場所になっています。

街のショッピングストリートなどからは徒歩20分ほどかかりますが、博物館をよりメインに観たい場合などはこちらのエリアをおすすめします。ジョージアン様式と呼ばれる建築が連なる古き良き時代の雰囲気が残るエリアですので、アイルランドの歴史をじっくりと体感されたい方には特に良いでしょう。

このエリアのホテルを検索する

宿泊エリアを選んで、素晴らしいダブリン滞在を!

以上ダブリンのおすすめ宿泊エリアでしたが、リフィー川の南側の地域が治安上おすすめです。

夜遅くまで出歩きたいという方には、テンプルバーかセントスティーヴンスグリーンの近くが移動にも便利です。美味しい食べ物と飲み物、素敵な音楽とフレンドリーな人々に触れて楽しんで下さい!

このエリアのホテルを検索する

編集部コラム

予約サイトにこだわりは持っていますか?

ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。

ということでSUMIKIKIでは一括比較サイトを使ってどれくらいお得になるか調べてみました!

こんにちは、「住んでる人に聞いてみた!」編集長の阪口です。 みなさんは同じ部屋でも予約サイトによって料金が違うことはご存知でしょうか? 僕は...