ダラムサラのおすすめホテルと観光に便利なエリア厳選3選!


こんにちは。最近インド旅行にハマっているYUKAです。

インドは何度行っても面白い国です。行く町によって表情が全く違います。

今回はヒマラヤの山の中にある避暑地であるダラムサラについて、おすすめの滞在エリアとホテルを紹介します。

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

ダラムサラ滞在のおすすめエリア1「マクロードガンジ地区」

ダラムサラは「ローアーダラムサラ」と「アッパーダラムサラ」の2つの地域に分かれています。ローアーダラムサラに泊まる外国人はほとんどおらず、ローカルのインド人の住宅や店舗がある地域です。

今回ご紹介するのはチベット民族が多く住み、外国人旅行者が多く集うアッパーダラムサラ、通称「マクロードガンジ」と呼ばれいているエリアです。

マクロードガンジはとても小さなエリアで観光に必要なものが全て揃っています。チベット寺院が有名な観光スポットですが、マクロードガンジから伸びているいくつかの道を散歩するのも楽しくておすすめです。

もともとはインドの小さな村落だったのですが、多くのチベット人が住み始めてからはどんどん住宅地域が広がってきていて、今ではインド人にとっても人気の観光地となっています。標高1700mと、ヒマラヤの麓に位置するエリアですので

インド人にとっても夏の避暑旅行先ですが、インド人以外の国の旅行者にとっても2月から5月と9月10月辺りには是非とも訪れていただきたい、美しい街です。

初めてのダラムサラ滞在ならば、長距離バスやタクシースタンドからも近いマクロードガンジでの滞在がおすすめです。

マクロードガンジ地区でおすすめのホテル「ホテル ホリデー ヒル(Hotel Holiday Hill)」

住所:Jogiwara Road Mcleodganj, 176219 Dharamshala, India
料金 47ドル~

75345449

http://www.hotelholidayhill.com/

ダラムサラの中心地マクロードガンジ地区。メインスクエアからお寺方向に伸びるジョギワラ通りに、高級ホテルが建ち並ぶ一角があります。

このホテルは快適で居心地の良い広い客室から大きく広がる美しいヒマラヤが見られることで人気のホテルです。

29807941

http://www.hotelholidayhill.com/

マクロードガンジはゲストハウスやお土産屋、カフェなどがあってヒマラヤにいるという感覚を味わうことが少ないエリアですが、このホテル周辺からは、他の建物に邪魔されることなく雄大なヒマラヤを楽しむことが出来ます。

ホテルの中にあるレストランでは、コンチネンタル料理も食べられますが、インド料理のメニューが豊富にありますので、北インドだけでなく南インドのバラエティに富んだ美味しいカレーを味わってください。

このホテルの最安値を調べる

このエリアのホテルを検索する

ダラムサラ滞在のおすすめエリア2「ダラムコット地区」

この地区は、ダラムサラからオートリキシャーで10分、上り坂をゆっくりと歩いて30分ほどの山中のエリア一帯を指します。

平地部分がほとんどなく、山中のあちらこちらにポツンポツンとホテルやレストラン、カフェがあります。

マクロードガンジやバグスーでは車の往来が激しいですが、ダラムコットでは車が入れない地域の方が多いので、山歩きを楽しみたい人にもおすすめです。

マクロードガンジからダラムコットまでの道は道幅もありますが、山中は小さな山道が多く、夜になると明かりが届かない場所も多いので、懐中電灯を持っていると安心ですね。

このエリアには大型のヨガセンターもあり、長期でヨガを習っている人が多く滞在しています。

ほとんどのホテルでレストランがあり、自炊が可能なお手頃なゲストハウスもあります。マクロードガンジやバグスーには短期旅行のインド人家族やインド人グループが泊まっているホテルが多いですが、ダラムコットはホテル数が少ないことと、車が出入り出来にくいことから、欧米人観光客が多いエリアです。

山道を散歩中に突然現れる可愛くて居心地の良いカフェで美味しい空気と景色を楽しみませんか?

ダラムコット地区でおすすめのホテル「ガガンリゾーツ(Gagan Resorts」

住所:Village,Dharmkot,171962Dharamshala,India
料金 37ドル~

41449470

http://www.gaganresorts.com/

マクロードガンジの喧騒から離れた、静かな山の中に突然現れた瀟洒でセンスの良いホテル。お天気の良い日には広い中庭のテーブルでゆったりと過ごせます。

各部屋のバルコニーからの眺めも美しいホテルです。ダラムコットにはいくつか有名な先生のヨガセンターがありますので、ダラムサラで静かな環境で住みながらヨガを習いたい人に是非ともおすすめのホテルです。

41449473

http://www.gaganresorts.com/

ホテル内にはインド料理だけでなく欧米料理も食べられるレストランがありますが、ホテルの周辺にもいくつかセンスが良く居心地の良い、欧米人旅行者のお気に入りのカフェが多数あります。

このホテルの最安値を調べる

このエリアのホテルを検索する

ダラムサラ滞在のおすすめエリア3「バグスー地区」

ゆっくりとヒマラヤの美しい景色を堪能したい人におすすめの滞在エリアが「バグスー地区」です。

バグスーにはスイミングプールやマイナスイオンたっぷりの滝もあり、地元インド人も散策や洗濯をしながら緑を頼んでいて、外国人観光客だけでなく地元のインド人にとっても憩いの場所となっています。

マクロードガンジからバグスーの滝まではゆっくりとした上り坂を歩いて1時間ほどです。欧米人の長期滞在者に人気のエリアで、欧米人が大好きなチョコレートやケーキの美味しいお店が多数あります。

またイタリア料理などの西欧料理を食べられるお店も多く、気軽に入れるお洒落でセンスの良いカフェもあり、食べ歩きや散歩が楽しいエリアです。

マクロードガンジからダラムコットとバグスーに向かう道は別々ですが、山道を通ってこの2つのエリアを行き来することは出来ます。

ダラムコットは集落というものがなく、山の中にポツンポツンとカフェやホテルがあるのですが、バグスーはメインの通りを中心に建物が並んでいて夜も明るいので夜遅くまでレストランでのライブコンサートなどを楽しめます。昼間も夜も十分にダラムサラを楽しみたい人におすすめのエリアです。

バグスー地区でおすすめのホテル「ホテルアナンドパレス(Hotel Anand Palace)」

住所:Bhagsunag, Mcleodganj, Upper Dharamshala, 176219 Dharamshala, India
料金:30ドル~

40357547

http://www.anandhotels.com/

マクロードガンジのメインスクエアからバグスーに向かうバグスナッグロードから山の中の道に入った静かで緑豊かな美しい風景の中にあるホテルです。どの部屋も清潔感があってきれいに掃除されています。

40357550

http://www.anandhotels.com/

バグスナッグロードはタクシーや最近増えてきたインド人旅行者の自家用車で混雑していますが、このホテル周辺はいつも静かでゆったりとした気分でヒマラヤの美しい一日を堪能することが出来ます。

このホテルの最安値を調べる

このエリアのホテルを検索する

これからダラムサラを訪れる方へ

多くの旅人がその魅力を語って尽きないと言われているインドは、家族にも友達にもいつか一度は行ってもらいたいと思える、魅力あふれる国です。

今回紹介したダラムサラは、インド人だけでなくチベット人も多く住んでいる地域で、インドの他の街とは違った表情を見せてくれます。インドであってインドでないダラムサラをぜひお楽しみ下さいね。

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

バラナシのおすすめ安宿&ホテルと観光に便利なエリア3選!

インドの秘境・レーの歩き方。おすすめ宿泊エリアとホテル、観光スポットをまとめまし...

安宿を巡るなら。デリーおすすめの宿泊エリアと観光スポットまとめ

デリーの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【インド】

デリーで快適に泊まれるおすすめホテルと観光に便利なエリア厳選3選!

ヨガの聖地・リシケシのおすすめホテルと観光に便利なエリア厳選3選!