コインブラのおすすめホテルと観光に便利なエリア厳選3選!


旅行関係の仕事をしているFUUKAといいます。

今まで仕事の関係で何度もポルトガルのコインブラに滞在していますが、クラシカルな街並みとポルトガル最古の大学ある、落ち着いた素敵な街です。

それほど大きいとは思えないのですが、実は中部ポルトガルでは一番大きな町なのです。

そんなコインブラのおすすめ宿泊エリアについて、3つのエリアをお伝えいたします!

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

おすすめエリア1:コインブラA駅周辺のホテル

コインブラのおすすめの宿泊エリアは、なんといっても旧市街の中心部に近い、コインブラA駅の周辺エリアです。

街の中心となるフェレイラ・ボルゲス大通りにもすぐ近くで、町一番の繁華街でもああるこの通り沿いにはいくつものカフェやレストラン、そしてショップなども沢山あります。

ポルトガルの中部地方で一番大きい都市であり、国内でも首都のリスボン、北のポルトに次いで3番目に大きな都市ですが、人口もそれほど多くない街ですから、繁華街といっても治安が極端に悪かったり人でごった返すということはありません。

のんびりと街歩きをするのにベストな賑わいのコインブラの旧市街に宿泊すれば、いつでもランチやディナーに行くことができますし、思いついた時にふらりと通りをそぞろ歩きしてもいいいですね。

また、フェレイラ・ボルゲス大通りの一番南がモンテゴ川となっていて、サンタクララ橋が対岸までかかっています。

対岸側にも新サンタクララ修道院や、コインブラに伝わる悲劇のペドロとイネスの恋物語の舞台となった涙の館などがあり、観光で訪れたいところのひとつです。また、コインブラといえば13世紀にできたポルトガル最古の大学がありますが、コインブラA駅から坂を登って歩いて訪れることができるのです。

コインブラの古き良き旧市街のエリアにある、このコインブラA駅周辺はホテルもそれなりに多いので、空き室も見つけやすくて予算に合わせてホテルを選ぶことができるでしょう。観光に、食事に、そしてお散歩にぴったりの、コインブラA駅の周辺エリアは、この町に滞在するならぜひおすすめの宿泊エリアなのです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア2:エミディオ・ナヴァロ通りのホテル

コインブラの町のもう一つのおすすめ宿泊エリアは、モンテゴ川沿いのエミディオ・ナヴァロ大通りです。旧市街にもほど近く、しかし街の喧騒からは少し離れているので、夜人の声でうるさいということがありません。

コインブラ駅や、街の北側にあるバスターミナルからも十分に歩ける距離ですから、他の町から移動してきてもホテルまで歩くのが大変ということはないでしょう。

また、この通り沿いにはいくつかのホテルと並んでレストランがありますが、そのうちの一つに「ドン・ペドロ」というレストランがあります。

ポルトガル料理のレストランですが、地元でもおいしいと言われています。コインブラの名物は子羊のワインの煮込みやコメ料理ですが、ポルトガル版リゾットなどを楽しみながら、これまたポルトガル名物のワインなどを楽しんでみるのもいいですね。ポルトガルは赤ワインも白ワインもおいしいですが、緑のワインと言って、白の若いワインで少し発泡している「ビーニョベルデ」もおすすめです。ポルトガル専門のレストランなら、そういったワインも楽しむことができるでしょう。

また、このエミディオ・ナヴァロ通りの目の前に流れるモンデゴ川との間にはマヌエル・ブラガ公演があり、人いきれにちょっと疲れた時には公園をそぞろ歩きするのもいいですね。街の喧騒とは少し離れて、のんびりできることと思います。コインブラのもう一つのおすすめエリア、エミディオ・ナヴァロ通りにぜひ宿泊してみて下さいね。

おすすめエリア3:モンテゴ川の西側エリア

コインブラの町を流れるモンデゴ川の西側エリアも、実はおすすめの宿泊エリアなのです。旧市街や駅、そしてバスターミナルまではすぐに行くことができる立地の良さなのに、川を隔てているのでずいぶんと静かな雰囲気です。

このエリアにはいくつかのホテルがありますが、その中でもおすすめなのがコインブラに伝わるドン・ペドロとイネスの悲しい恋の舞台となった涙の館と呼ばれる建物を利用したホテル「キンタ・ダス・ラグリマス」です!

このホテルはドン・ペドロの寵愛を受けたイネスが住んでいた邸を改装した由緒ある建物です。

身分違いということと、ドン・ペドロにはスペインとの政略結婚で決められた妻がいたということから、その妻が亡くなってもスペインとの関係を重んじたドン・ペドロの父王によってイネスは殺されてしまいます。

そしてそのイネスのことを人生を通してドン・ペドロは愛し続けました。そんな二人の恋の舞台となったホテル、キンタ・ダス・ラグリマスは、せっかくコインブラに訪れるなら、ぜひ宿泊してみたいホテルといえるでしょう。ゆったりとした時間の中で、ポルトガルに伝わる悲しい恋に想いをよせてみるのも旅の良い思い出となるかもしれません。

街の中心の旧市街とは、またちょっと違った時間の流れを感じることができるのが、このモンデゴ川の西側エリアです。旧市街よりは治安も良いので、そういう意味でも安心ですね。このエリアやキンタ・ダス・ラグリマスホテルに宿泊して、コインブラを思いっきり楽しんでみませんか。

このエリアのホテルを検索する

のんびり回るのにちょうどいい町・コインブラ

コインブラは、食べ物もおいしく観光で回りたい名所旧跡もたくさんあって、のんびりと回るのにちょうどいい大きさの町です。

クラシカルな古い建物や、今のコインブラの若者が買うようなショップもあり、見て回っていても飽きるということがありません。

モンデゴ川西側の新サンタクララ修道院やコインブラ大学は、少々坂の上にあるので、歩きやすい靴を履いて、ぜひ町中へ出かけてみてくださいね。きっと楽しい時間を過ごすことができるはずです。

コインブラのホテルを検索する

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

滞在してわかった!リスボンのおすすめホテルと観光に便利なエリア5選

スペイン・ポルトガル2ヶ国対応のおすすめレンタルWIFIは? ⇒ イモトのWiF...