ホテル感覚で海外のアパートを検索する
ドイツ

ヴュルツブルクでアパート・コンドミニアムを借りてみた!部屋の見つけ方やおすすめ滞在エリアを解説します【ドイツ】

こんにちは!ドイツバイエルン州ヴュルツブルク市在住のかまやんです。

学生時代の語学留学にはじまり、こちらに移り住んで13年目、現在はヴュルツブルク市の公認ガイドとして働いています。

バイエルン州に属するヴュルツブルクは教会都市としても有名で、中都市ながらも落ち着いた街並みになっています。

この記事では、ヴュルツブルクでのアパート・コンドミニアムの見つけ方や、おすすめ滞在エリアをご紹介していきます!

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法

ドイツのヴュルツブルクってこんな街!

https://www.bigstockphoto.jp

初めてこの町を選んだときはなにも考えていなかったのですが住んでわかった街の魅力とはやはり中都市という町ながらも落ち着いているのです。

そして市内の見どころもぎゅっとまとまっているので比較的に何をするにも徒歩圏内という魅力があります。

初めてこの町に来たきっかけは、バイエルン州はたくさん旅行をしていたのですが、ヴュルツブルクはバイエルン州に属しながらも端の方だったため行ったことがなかったのでここにしようと思いました。

その街での部屋探しはどの町もそうだとは思いますが、学生さんが多くとても難しいです。

私自身も最初入りたかった寮には入れず、少し離れた寮に住むことになり、6年経った時に知り合いが引っ越すということで今のアパートに引っ越してきました。

もしつてがあるならそれに頼るのがベストだと思います。

ヴュルツブルクでアパート・コンドミニアムを見つけよう!

https://www.bigstockphoto.jp

先ほどにも書きましたが、学生だったためまずは、寮探しからでした。

大学の寮については大学のstudentenhausが管理していますので、そこで聞いてもらえると一番早いと思います。また人気があるのですぐ埋まってしまうようです。

最初の寮は一部屋で約16㎡だったと思います。ベッド、机、棚がついていて、入り口にキッチンもありました。

建物自体は古いのですが、ベッドなどは比較的きれいでした。あとは部屋にシャワー、トイレがついていました。

また地下には洗濯機、乾燥機の部屋、駐車場、パーティールーム、音楽室がありました。音楽をするのでこの音楽室があるのはとても便利でした。

その後引っ越しをしてアパートに移りましたが、それは、友達が帰国するということで譲り受けました。

自分自身で探すのはけっこう大変なので知り合いのつてや

wuewowas.de(https://www.wuewowas.de/)
wgsucht.de(https://www.wg-gesucht.de/)

などのインターネットを活用するとよいと思います。
(※どちらも海外サイトで日本語には対応していません)

短期滞在をする予定でしたら、AirBnBhttps://www.airbnb.jp)やBooking.comのアパート検索ページhttps://www.booking.com/apartments/)で見つかります。(※こちらは両方とも日本語でアパートが予約できます。)

こちらはBooking.com内のアパート検索ページ。

ヴュルツブルクのアパートやコンドミニアムを、ホテル感覚で見つけることができますよ。

Booking.com内のアパート検索ページはこちら

ヴュルツブルクにアパートを借りるならこのエリア!おすすめ滞在エリア3選

ヴュルツブルクでアパートを借りて滞在するならココ!というおすすめの滞在エリアを3つ選んでみました。

https://www.bigstockphoto.jp

観光名所”内”に滞在する!→旧市街Altstadt
丘の上で眺望が素敵なエリア→frauenland地区
静かな川沿いでゆったり過ごす→sandeau地区
観光地から少し離れてリーズナブルに→randersacker村

と、特徴ごとに選んでみましたのでご紹介していきます!

※上のリンクをクリックすると、各エリアのアパート検索ページに移動します。

ヴュルツブルクのおすすめ滞在エリア1:旧市街Altstadt

https://www.bigstockphoto.jp

観光名所の中にあり、買い物にも便利なショッピングエリアです。

私は今ここに住んでいますが、全て徒歩圏内にあるのでバスなどにのることがありません。

駅からも徒歩10分スーパーまで徒歩5分、外国人に必要な市役所も10分程です。

短所といえば、あまり家の数などがなく、アパートで探すのが難しく、シェアハウスのようなところが多いです。またお値段も少し高めです。

旧市街Altstadt周辺のアパートを検索する→

ヴュルツブルクのおすすめ滞在エリア2:frauenland地区

https://www.bigstockphoto.jp

大学があるので大学生の時にはここに住んでいました。

丘の上にあるようなかんじなので町まであるくと時間はかかるのですが、大学までは早いです。

また比較的に家賃も安く、静かなエリアになっています。

最近は大学周辺が庭園博覧会により整備されきれいな公園やきれいなアパートが立ち新しい居住区もできました。

それのおかげでこの地区にも大きなスーパーなどもできましたので町まで買い物に来なければならないということはなくなりとても便利になりました。

また丘の上にありお向かいにはマリエンベルグ要塞がたっているので、場所によってはマリエンベルグ要塞が眺めることができます。

frauenland地区のアパートを検索する→

ヴュルツブルクのおすすめ滞在エリア3:sandeau地区

https://www.bigstockphoto.jp

こちらは旧市街の隣の地区になり歩いてもすぐ町につくことができます。

この地区は長細く町から離れたほうのsanderau地区になると家族やお年寄りの方が住まれており比較的静かな地区になっています。

プールやtegutと呼ばれる近郊農家からとれる食料を主としたスーパーもあります。

また町側に近いところになるとバーやレストランが立ち並び若い学生の方がよく住まれています。

カフェなどもありますので夜や、週末などでかけるにはとてもよい場所です。

またマイン川に近い地区ですので、マイン川のほとりを散歩したり、ジョギングコースとしてもよく使われています。

sandeau地区のアパートを検索する→

ヴュルツブルクのおすすめ滞在エリア4:randersacker村

https://www.bigstockphoto.jp

ヴュルツブルクのお隣の村。バスで15分ほどの所です。

一軒家や家族で住みたいと思われる方はヴュルツブルクの家賃はとても高いのでお隣の村に滞在されるのもおすすめです。

ぐんっとお値段も下がりますし、静かです。

ここはワインの産地にもなっており村のたくさんの方がワインの何かに従事されている方が多いです。

町はずれには、スーパもありますし、村の中心にはレストラン、パン屋やアイス屋などもあります。

交通の便が不便かもしれませんが、もしも車をお持ちでしたら問題ないと思います。

randersacker村のアパートを検索する→

これからヴュルツブルクに滞在する方へ

ヴュルツブルクは世界遺産もあり見どころたくさんの町です。

日本人が大好きなロマンティック街道の最初の町になっていますので、よければゆっくり観光滞在をしてください。

フランケンワインをのみながらドイツの生活を楽しみましょう!

Booking.comでアパートを検索する
AirBnBでアパートを検索する

この記事をまとめた人
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
SUMIKIKI編集部員。海外のいろんな街でアパート暮らしをしている人に、部屋探しのコツやおすすめ滞在エリアを聞いています。個人ではこれまでに、タイ、ベトナム、ラオス、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ベルギーにアパートを借りて暮らしてきました。

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法