ホテル感覚で海外のアパートを検索する
USA

リノ(ネバダ)でアパートを借りて住んでみた!街の魅力やおすすめ観光スポットを紹介します。

こんにちは、今年の夏まで、8年間、アメリカのネバダ州にあるリノと言う街に住んでいました。

ネバダ州と言えば、ほとんどの人がラスヴェガスを思い浮かべますが、実はラスヴェガスからは車で8時間以上離れたところにあります。

小さな街ですが、意外と中身は大きいこのユニークな街の紹介をします。

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法

リノってこんな街!街の魅力をご紹介します

https://www.bigstockphoto.jp

私はもともとリノにある大学へ留学に来ていました。小さな待ちですが、とても暮らしやすい街です。

山の中にある車で30分くらいのところにタホ湖という、水色で透明な湖に行くことができます。

このタホ湖は世界で2番目に透明度が高い湖として知られています。

夏はバーベキューやキャンプをしながら、湖で泳ぐ事も、ボートに乗る事もできます。

場所によっては、高い岩の上から湖へ向かって飛び降りる事もできます。

ハイキングも出来るので、冬も、湖まで登り、そこから真っ青な湖と、雪山が綺麗に重なった景色も眺めることができます。

その他にも、冬にはスキーやスノーボードなどが楽しめます。スキー場の一つには、冬のオリンピック選手のスノーボーダーのショーンホワイト選手が、自分専用のハーフパイプコースも作っているので、そこにも挑戦することができます。

アートの街でもあるので、町中にとても大きなアートがあり、7月には色々なアートフェスティバルがあり、巨大なアートが町中に登場します。

なので、常に楽しい行事が待っています。

リノのアパート、こんな風に見つけました

https://www.bigstockphoto.jp

最初の数年は、大学生のみが住める、学生用のアパートに住んでいました。そこは、大学から歩ける範囲の場所なので、とても便利でした。

その後は、安いアパートはすぐに人が入ってしまうため、探すのに時間がかかりました。

基本的には、アパートの外に、電話番号が書いてあるので、住みたい場所周辺を歩きながら、良さそうだと思ったら、その電話番号に電話し、部屋をチェックしていました。

Craiglistというサイトで、自分の払える範囲の家賃、自分が住みたいエリアに絞ってアパートや家を探す事が出来るので、安い場所を見つけたら、すぐにアパートに連絡する事をお勧めします。

また、知らない人とルームシェアするというのも、実は結構あるので、craiglistで、シェアでも良い人は、家賃も安くなるので便利です。

他の手段としては長期滞在であれば、AirBnBhttps://www.airbnb.jp/)やBooking.com内のアパート検索ページがおすすめです。

Booking.com内にはアパート専用の検索ページがあり、旅行者でも簡単に借りることができるアパートやコンドミニアムを簡単に見つけることができますよ。

Booking.comでリノのアパートを探す→

住んでいたアパートの詳細について

https://www.bigstockphoto.jp

私は基本的に少し古いスタジオかワンルームのアパートに住んでいました。

一時期は、築100年以上のアパートにも住んでいましたが、しっかりと管理されていたので、ヨーロッパにある様なアンティークな部屋に住む事が出来ました。

家賃も約5万円だったので、アパートを探すときは、ある程度古くてもそこまでこだわりはしませんでした。

また、家賃も水道代や電気代、wifi込みというアパートが多かったので、家賃を払う以外に色々気にしなくて住んだので、ものすごく便利でした。

その他にも、机やベッドなどの家具がもともとアパートに付いている場所も多くあり、引越しを頻繁にしていた私にとっては、家具を買わなくて住んだので助かりました。

私が住んでいた街の多くは、アパート内に住民が自由に使える場所がありました。

例えば、ジムやプールがあり、わざわざ遠くまで行かなくても、アパート内でジムへ行けたので、忙しい生活でも、とても便利でした。

また、コンピュータールームもあったので、大学の宿題や、仕事の書類など、プリントする事ができました。

なので、比較的、私の住んでいる街は、小さいけれど、安くて色々と便利な物がアパートに付いてくるので、安心して生活する事ができました。

最近はビジネスなどが沢山リノに来てしまい、家賃が値上がりし、ワンルームでも7万円近くになってしまっています。

リノのおすすめショップ・レストラン情報!

https://www.bigstockphoto.jp

ショッピングモールが大学から車で15分程度の所にあり、そこには、色々なお店があるので、モールへ行くだけで、靴から洋服、スポーツ用品など、色々なブランドのショッピングをする事が出来ます。

そこにもフードコートがあるので、疲れた時に一休みも出来ます。

また、ベトナム料理や、日本、韓国料理のレストランもあるので、日本食やアジアの料理が恋しくなりそうな人にはとてもおすすめです。

私の知り合いが、韓国料理と日本料理のレストランをやっていて、プルコギ、ラーメン、お寿司などもあります。

ラーメンは、日本の味に近づけているので、とてもおすすめです。

びっくりするかもしれませんが、リノには、約2,500円で、お寿司の食べ放題のレストランが10件以上あります。

制限時間などなく、お寿司を食べたいだけ食べて、また日本酒やビールも揃っているので、楽しめます。

これからリノで過ごす方へ

リノは小さな街ですが、アートに囲まれ、とても綺麗な街です。

ダウンタウンにあるカジノに訪れるのではなく、是非タホ湖やアートのイベントなど、リノでしか体験出来ない所へ訪れてみてください。

しっかりと観光をすれば、きっと有名なラスヴェガスよりも楽しめるはずです。

この記事をまとめた人
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
SUMIKIKI編集部員。海外のいろんな街でアパート暮らしをしている人に、部屋探しのコツやおすすめ滞在エリアを聞いています。個人ではこれまでに、タイ、ベトナム、ラオス、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ベルギーにアパートを借りて暮らしてきました。

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法