ホテル感覚で海外のアパートを検索する
フランス

パリでアパート・コンドミニアムを借りてみた!部屋の見つけ方やおすすめ滞在エリアを解説します【フランス】

仕事の都合でヨーロッパを転々としながら生活しているマノンです。

日本を離れて長くなり、かといって同じ国にずっと住んでいるわけでもなく…日本にいても、どこに行ってもいつも私って外国人…

いや、もはやエイリアンな気分で生活しています!

この記事では、パリでのアパート・コンドミニアムの見つけ方や、おすすめ滞在エリアをご紹介していきます!

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法

フランスのパリってこんな街!

https://www.bigstockphoto.jp

仕事の都合でたくさんの国に住みましたが、どこの国にもう一度住みたいかと聞かれたら「絶対!パリ!」

パリと言うとフランス語でないとダメ、フランス人はすましてツンとしているといったイメージを持つ人も多いと思いますが、それは昔の話。

様々な国籍の人が住む国際都市となったパリは今ではとてもオープンな街なんです。

「だってパリに住んでるじゃない」の一言でパリジェンヌとして扱ってもらえることのうれしさはあまり他の国では味わえないもの。

三つ星レストランでの高級フレンチ、バゲットとバターでシンプルな食事、高級ブランドのショッピング、美術館で一日中のんびり…。

それぞれの旅の予算とライフスタイルにあった滞在の仕方を選べるのも魅力あふれるパリのよさです。

パリでアパート・コンドミニアムを見つけよう!

https://www.bigstockphoto.jp

私が住んでいたのは50平米ほどの1ベッドルームのお部屋。中庭に面し、窓からは名物とも言える「パリの屋根」が見えるかわいいお部屋でした。

短期滞在のアパートを探すとなると、やはりおすすめなのはAirbnb。

Airbnbなら日本人のオーナーもたくさんみつかるので安心です。

でも、やっぱり民泊はちょっと不安があるという方には日本人がやっているエージェントがおすすめです。

パリ生活社 (http://www.paris-seikatsu.com)
ヴォヤージュ アラカルト (https://www.voyages-alacarte.fr/appartement-home/ )は

手続きや相談、鍵の受け渡しなど、ほぼ全てを日本人もしくは日本語のできる方がやってくださっているので言葉の心配もありません。

お部屋を借りる際に私が気にしたのは給湯のシステム。

セントラルと呼ばれるタイプはお湯の使用量に制限がないのですが、タンクタイプだと一日に使ってもいいお湯の量はお部屋にあるタンクに入っている分だけ。

一人分のシャワーの分がないということはありませんが、友人が来たり、寒い冬についつい大量のお湯で食器洗いをしたりするとシャワーが途中でお水になるなんてことも。

お湯の量を気にしたくない人は給湯のシステムを借りる前にチェックしてくださいね。

短期滞在をする予定でしたら、他にBooking.comのアパート検索ページhttps://www.booking.com/apartments/)で見つかります。パリらしいインテリアのお部屋もいっぱい見つかりますよ。

こちらはBooking.com内のアパート検索ページ。

パリのアパートやコンドミニアムを、ホテル感覚で見つけることができますよ。

Booking.com内のアパート検索ページはこちら

パリにアパートを借りるならこのエリア!おすすめ滞在エリア3選

パリでアパートを借りて滞在するならココ!というおすすめの滞在エリアを3つ選んでみました。

パリらしいおしゃれな街に住む→サンジェルマンデプレ
多くの観光地にアクセス抜群→オペラ地区マドレーヌ地区
歴史あるセーヌ川の真ん中に住む→ シテ島 サンルイ島
アメリの世界に浸りたいなら→モンマルトル

と、特徴ごとに選んでみましたのでご紹介していきます!

※上のリンクをクリックすると、各エリアのアパート検索ページに移動します。

パリのおすすめ滞在エリア1:サンジェルマンデプレ

https://www.bigstockphoto.jp

セーヌ川を真ん中に下側(左岸)の6区、7区に位置するおしゃれな地域。

世界初のデパート・ボンマルシェや老舗カフェのカフェ ド フロールとカフェ ドゥ マゴがあるシックで高貴な雰囲気漂う街でありながら、スーパーマーケットや公園、日本にも出店しているケーキ屋さんやパン屋さんもたくさんあり生活するのにもとっても便利。

ダ ヴィンチコードで有名になったサンシュルピス教会やリュクサンブール公園、オルセー美術館もあり観光地もたくさん。

インテリなパリのムードに包まれてパリの生活を堪能できる地域です。

サンジェルマンデプレ周辺のアパートを検索する→

パリのおすすめ滞在エリア2:オペラ地区マドレーヌ地区

https://www.bigstockphoto.jp

サンジェルマンデプレの対岸に位置するのがこのオペラ地区マドレーヌ地区。

シャガールの絵が天井を埋め尽くしているオペラ、ギリシャ神殿のようなマドレーヌ寺院、マリーアントワネットが処刑されたコンコルド広場があるというだけでも見所だらけなのがわかりますよね。

これに加えてシャンゼリゼ大通りもすぐ。

またコンコルド広場から伸びる、エルメス本店やシャネル本店などの高級ブランドが隣接するサントノレ通りを向けるとオペラ通り。

そのすぐ横には日本人街と言われる地域があり、日本食材のスーパーやレストラン、ラーメン屋さんなどがあって日本食が恋しくなった時にすぐに行けるのがいいですよね。

治安もよく、観光客もたくさんいて夜まで賑わっているので安心感は抜群です。

オペラ地区マドレーヌ地区のアパートを検索する→

パリのおすすめ滞在エリア3:シテ島 サンルイ島

https://www.bigstockphoto.jp

セーヌ川の中州にある島でパリ発祥の地とも言われるシテ島とサンルイ島。

ともに高級住宅街として有名で何百年も前に建てられた邸宅が並ぶパリの中でもパリらしい地域として有名です。

シテ島はゴシック建築の傑作ノートルダム大聖堂や牢獄として使われていたコンシェルジュリーが、サンルイ島にはおしゃれなギャラリーやおいしいお店が並んでいます。

島になっているのでセーヌ川の河岸まですぐ。

島から島へと掛かる橋を渡って河岸へ降り、セーヌ川を眺めながら毎日ゆっくりとお散歩、なんていうのは他の場所ではできないこの地域ならではの楽しみです。

シテ島 サンルイ島周辺のアパートを検索する→

パリのおすすめ滞在エリア4:モンマルトル

https://www.bigstockphoto.jp

パリに興味を持ったきっかけが映画「アメリ」だったという人も多いのではないでしょうか。

そんなアメリの舞台になったのが18区のモンマルトル地域。

白く輝くサクレクール寺院のあるモンマルトルは小高い丘になっておりパリを見下ろせるロケーションは最高。

坂になった小さな細い道に画廊が並んでいる様子は感嘆の声を漏らしてしまうほどにパリらしさ満点です。

ただ、この地域で気をつけなければいけないのが治安の悪さ。

サクレクールのある丘のあたりは住宅街で問題ないのですが、丘のふもとのあたりはパリで一番の治安の悪さと言われています。

ただ、モンマルトルはそんな治安の悪さを凌駕する魅力があると語る人もたくさん。

気をつけなければいけないのは当然ですが、パリの普通の生活を垣間見ることのできるおもしろい地域でもあると思います。

モンマルトル周辺のアパートを検索する→

これからパリに滞在する方へ

パリというと高級なイメージだけを持っている方が多いかもしれません。

でも、実はパリはおしゃれ、食事、文化、どれを楽しむにしても高級なものから手の届きやすいものまで選択肢がたくさんあります。

パリが好きだという気持ちを持って飛び込めば、どんな人でも受け入れてくれる大人の街パリ。

足を降ろしたその日からパリジェンヌとして目いっぱい楽しんでくださいね。

Booking.comでアパートを検索する
AirBnBでアパートを検索する

この記事をまとめた人
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
YUKI (SUMIKIKI.com 編集部)
SUMIKIKI編集部員。海外のいろんな街でアパート暮らしをしている人に、部屋探しのコツやおすすめ滞在エリアを聞いています。個人ではこれまでに、タイ、ベトナム、ラオス、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ベルギーにアパートを借りて暮らしてきました。

海外でアパートを探す手順

海外でのアパート・コンドミニアムを探す方法(短期滞在向け)を、海外在住歴が長い編集部員が解説しました。詳細はこちら▶▶▶8ヶ国11都市に住み着いた編集部員が語る!ホテル感覚で、簡単に、海外でアパートメントを借りる方法