滞在してわかった!アムステルダムのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!


こんにちは、商社勤めをしているアラーキーです。海外出張の機会が多く、オランダのアムステルダムには年数回、数週間単位の滞在を繰り返してきました

今回の記事では、これからアムステルダムに滞在される方向けに、アムステルダムの観光拠点にピッタリな宿泊エリアを厳選してご紹介していきます!

\どの予約サイトが一番安い?/

同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?

Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。

こちらの検索ボックスで、最安値の宿泊プランをみつけることができます


おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?

おすすめエリア1:アムステルダム中央駅周辺のホテル

まず何と言ってもアムステルダムでおすすめしたいのは、「アムステルダム中央駅周辺です。こちらは東京駅のモデルとなった駅です。

この駅周辺は運河の中心部なので、何方向にも広がる運河を一望することができます。そして、ライトアップされた中央駅、町の光が反射した運河は大変ロマンチックでカップルには大変おすすめの夜景スポットとなっています。

また、中央駅周辺ということで、夜遅くでもスーツケースをもった観光客多く歩いています。そのため、大通り沿いのレストランやカフェを遅くまで営業していますので、ディナーもゆっくり楽しむことができます

特に、中央駅から正面に伸びる通り沿いにある、チーズのかかったフライドポテトは多く人から愛される地元の食べ物です。

ものすごいボリュームですが、チーズで有名なアムステルダムでしか食べられない絶品です。

また、アムステルダムの市内のトラムもほとんどが中央駅から出ているので、市内観光にも困ることはありませんそして、有名なアンネフランクの家も徒歩圏内にあります。

アムステルダム中央駅はフランクフルトやブリュッセルなど、他国の大都市とも電車で結ばれています。

ですので、複数の都市を訪れたいと考えている方には、移動に大変便利なアムステルダム中央駅周辺がおすすめです!

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア2:ダム広場周辺のホテル

次におすすめなのが、「ダム広場周辺」です。こちらはまさにアムステルダムの中心地。

ホテルの価格は多少高くはなりますが、ダム広場、マダムタッソーろう人形館、王宮などアムステルダムのメインといえる観光スポットがすべて徒歩圏内にあります

マダムタッソーろう人形館は大変人気ですので、朝一で向かうのがおすすめです。

通り沿いにあるジョニーデップのろう人形もぜひチェックしてくださいね!

また、ダム広場には大型のデパートもあるので、ショッピングをした際に、荷物をおきにすぐにホテルに戻ることもできます。

そして、ダム広場からつながる通りには、多くのレストランやファストフード店が立ち並んでいます。小腹がすいたときに、ちょっとしたもの買って、ホテルに持ち帰って食べることのもよいでしょう。

そして、徒歩10分のところにはムント塔とシンゲル花市があります。

ムント塔には38のベルがあり、30分ごとに違う音色を奏でます。全部のベルの音色を聞けるのは、この周辺の宿泊者の特権ですね!

また、シンゲル花市では日本には売っていないような球根、種を購入することができます。

ガーデニング用の可愛い雑貨も豊富に揃っていますので、ぜひお店のすみずみまで見てくださいね!

球根類はお土産にはもってこいの品ですが、帰国時の通関時には、申告が必要ですのでご注意ください。

そして、ダム広場周辺には夜になると大道芸人たちが集まり始め、パフォーマンスを始めます。

特にアコースティックの弾き語りなどは、ロマンチックな雰囲気を作り出してくれます。

常に多くも若者が集い、にぎわっているダム広場周辺ですが、お土産店も大変充実しているのが特徴です。

テレビや雑誌によく取り上げられている黄色い木靴のオブジェもこのダム広場の正面のお土産屋さんにあります。

ショッピングを中心に楽しみたいという方に、ぜひダム広場周辺の宿泊者がおすすめです。

このエリアのホテルを検索する

おすすめエリア3:アムステルダム国立美術館周辺のホテル

世界で最も博物館、美術館が多いといわれるアムステルダム。その芸術にどっぶりとつかりたいという方におすすめなのが、アムステルダム国立美術館周辺です。

この国立美術館は2013年4月にリニューアルオープンしており、17世紀のオランダの絵画が中心に展示されています。

特に有名なのは、「夜警」「牛乳を注ぐ女」「取り持ち女」など。絵画に興味のある人には外せない観光スポットです。

オランダの歴史を一望したいならここは外せません!

また、国立美術館周辺では、路上にてオーケストラの演奏も行われていますので、ぜひ周辺を散策してみましょう。

また、この国立美術館の隣には、ゴッホ美術館が位置しています。

こちらの美術館は17歳以上から17ユーロの入場料が発生しますが、かの有名な「ヒマワリ」が展示されており、一見の価値ありです。

当然チケット購入には長蛇の列ができますので、平日の開館直後がおすすめです。また金曜のみ22時まで開館しています。

この周辺に滞在していれば、時間を気にせず最後まで楽しめますね!ゴッホ美術館は特別展も不定期に開催していますので、ホームページのチェックは必須です。

さらにこの両美術館の正面には、ミュージアムスクエアと呼ばれる広場があります。

ここにはかの有名な「IAMSTERDAM」のオブジェがあり、まさに「アムステルダムにきた!」という感覚になります。

このオブジェは常に写真撮影のために観光客で賑わっていますので、午前のなるべく早い時間が狙い目です。

そして、大きな噴水もオブジェの目の前にあり、芸術を楽しんだ後の一休みには大変おすすめです。

広場にはカフェや売店も豊富にそろっているので、軽いランチをするにはもってこいです。

地元民に紛れて、芝生の上で日光浴をするのも良いでしょう!

このエリアのホテルを検索する

芸術、食事、全てが楽しめる素晴らしい街・アムステルダム!

アムステルダムは、ショッピング、芸術、食べ物、すべてが楽しめる素晴らしい都市です。

また、夏は深夜12時頃まで明るいので、日本にいるよりずっと1日が長く感時られます。街は花で溢れ、運河の大変美しい街ですので、ぜひ長めの宿泊をおすすめします!冬は大変冷えますので、春から夏にかけての旅行がベストですよ。

アムステルダムのホテルを検索する

アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています

こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。

そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。

このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。

現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。

WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。

僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。

*今月は6月20日-22日の3日間募集いたします

運営しているスクールの詳細はこちら

関連記事

フローニンゲンの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【オランダ】

ベルギー・オランダ2ヶ国対応のおすすめレンタルWIFIは?⇒グローバルWIFIを...

アムステルダムの治安ってどう?安全な宿泊エリアを在住者に聞いてみた!【オランダ】